ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

思わず振り返る! アニメから飛び出したようなデザインバック『JumpFromPaper』

fu-bi『jumpfrompaper』

漫画やアニメの世界から飛び出してきた?――fu-bi(フウビ)は、イラストのように太い縁取りライン、人目を引くポップなカラー配色のデザインバッグ『JumpFromPaper』を7種類のラインナップで発売しました。

fu-bi『jumpfrompaper』Handbag

『JumpfromPaper』は、持っているだけで人目を引くこと間違いなし! のポップなデザインバッグ。身につけていてもイラストのように見え、まるで自分が漫画やアニメの世界の“実写部分”になったような気分になりそうです。

fu-bi『jumpfrompaper』Bowling

ジッパーで開閉できるメインポケットには、手帳やノート、『iPad』などのタブレットPCを収納可能。収納するものが多い時は、本体下部のジッパーを開くと奥行きが広がり厚みのあるものも入ります(下部ジッパーは一部デザインのみ)。

fu-bi『jumpfrompaper』Travel

背面には、携帯電話やサイフ、カギなどの小物が入るバックポケット付き。本体素材はキャンバス/ポリエステル製ですので、汚れたら水やぬるま湯と薄めた中性洗剤で手洗いできます。

fu-bi『jumpfrompaper』

丸みあるフォルムに赤色がキュートな『BowlingBag』、オレンジの持ち手がポップな『HandBag』旅行かばん風の『Travelbag』は6980円、フェミニンなショルダータイプ『Afternoon Tea』渋め(?)の『Tank』は5980円、ボディカラーの黄色に立体的なポケットが印象的な『Bonjour』、肩がけしてアクティブに使えそうな『PlayHooky』は7980円(いずれも税込み)。休日のお出かけ用にひとつあると楽しそうですね。
 

fu-biで紹介されているモノではこんなアイテムも記憶に残っています。
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy