ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【本日オープン】鎌倉のクラフトビールを堪能。新宿初出店の「GARDEN HOUSE」に行ってみた

GARDEN HOUSE新宿

東京にいながら鎌倉のクラフトビールを堪能できる「GARDEN HOUSE」が、3月25日、新宿NEWoManの4階にオープン。季節の素材を使った窯焼きピザやバリエーション豊富なグリル料理など、ビール好き女子ならゼッタイ見逃せない魅力のつまったこのレストランへ、さっそく足を運んでみた。

 

5種類のクラフトビール・テイスティングセットも。あなた好みのビールはどれ?

クラフトビール 店内では毎日10種類のビールが楽しめる。そのうち5種類が鎌倉の地ビールで、季節によって2種類ほど入れ替わるそう。サイズはショート(270ml)、ミディアム(350ml)、パイント(450ml)の3種類から選べるほか、ショートより少量サイズで複数のビールが味わえる「5種のテイスティングセット」(1,800円 税込)も用意されている。5種のテイスティングセット

 

今回テイスティングを行った5種類を紹介しよう。

・アメリカンペールエール
淡い黄金色のビール。苦みは少なく、爽やかな味わい。


・ガーデンハウスアルト
フルーティーな味わいで、ビールが苦手な方でも飲みやすい赤褐色のビール。


・ブラウンエール
深い褐色の黒ビール。コクがあり、甘みも楽しめる。


・ケルシュ
上記3種類、それぞれの中間に位置するような味わい。色は一般的なビールに近い。


・ストロングブロンド
アルコール度数が高いビール。名前の通り、ブロンドヘアーのような色。

中でも女性に人気なのは「ガーデンハウスアルト」。また、コクの深い「ブラウンエール」などもビール好き女子におススメだ。友達やカップル同士で飲み比べしてみては。

 

具材のおいしさ引き立つ窯焼きピザや旬な野菜を使ったサラダがビールに合う!

続いて店の自慢のフードメニューを紹介。まずはピザ全9種類のうち、2種類のトマトやモッツアレラとパルミジャーノの上品な味わいが楽しめる「ポモドーロ」を食べてみた。「ポモドーロ」(1,512円 税込)

高温の窯で短時間調理しているので、生地はしっかり焼けていながら、トマトにはみずみずしさが残る。生地はやわらかく、具材と同時に無理なくのみ込めるのもポイント。さらに岩塩の味が効いており、ビールによく合う一品だ。

ポモドーロ ポモドーロ 次は、季節の野菜をふんだんに使った「ガーデナーズサラダ ビターグリーンズと季節のフルーツ」。市場に毎朝集まる野菜の中から一定以上のレベルの野菜を厳選。また、季節ごとに産地直送野菜を織り交ぜ、シンプルなレモンドレッシングで仕上げている。余計な調味料を使っていないので、ヘルシー志向の女性におススメの一皿だ。ガーデナーズサラダ

ルッコラやわさび菜、クレソンなど、野菜本来の甘さや苦さが混じり合う中、季節のフルーツまで入っているのも特徴の一つ。今の時期はキウイだが、また別の時期にはプラムやいちじくなど別の果実が入ることもあるそう。注文するごとに、季節の移ろいを感じられるだろう。

ガーデナーズサラダ

 

もっちり全粒まるぱんが美味!「GARDEN HOUSE CRAFTS[S]

」も4月15日オープン

GARDEN HOUSE CRAFTS
1 2次のページ
生活・趣味
omotanoの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy