ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

常に水平撮影!4Kアクションカメラ「Revl Arc」はハイライト編集も簡単

Revl Arc写真や動画を撮るとき、常に水平を保つよう意識するのは基本だが、これは意外と難しい。

ましてや動きながらとなると、撮影姿勢どころではなくなってしまい、後から見返したときにブレ過ぎて台無し…となってしまう。

だが、このほどクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した「Revl Arc」ならそんな心配は無用。自動で水平撮影してくれ、しかも画質は4Kというスグレモノだ。

・ブレを自動補正

Revl Arcは電動ジンバルやジャイロスコープを搭載し、センサーで傾きを感知して補正することで、水平撮影を可能にしている。日常の撮影 にというより、アクションスポーツ時に力を発揮する。

加えて、カメラは4K解像度。ブレの少ない、美しい画質を約束してくれる。

Revl Arc2・アプリでストリーミング!

また、このカメラはスピードや回転、重力などを測るセンサーも内蔵していて、専用アプリ(iOS)ではこれらのデータを使ってハイライトだけを抜き出すことが簡単にできる。

そしてiPhoneでプレビューをライブ視聴したり、ストリーミングしたりすることも可能。スリリングなシーンを撮って友達とすぐにシェアして楽しめる。

Indiegogoでは最安値パッケージはすでに完売し、今なら399ドル(約4万4000円)の出資で入手できる。

出資期限は4月19日、発送は今年12月を予定している。

Revl Arc/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy