ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 米ディズニーの最新アニメ映画『ズートピア』予告編、陸運局で働くナマケモノたちが登場
  • ハリウッド映画の女性主人公は増えているが、その大半は白人女性
  • 【トロント国際映画祭】映画『Bel Canto(原題)』、ジュリアン・ムーア、渡辺謙、デミアン・ビチルが出演へ
  • あなたは映画のエンドロールを最後まで観ますか? 大規模1501人アンケート
  • 世界名作劇場では描かれなかったアン・シャーリーと再会できる。『アンという名の少女』
  • 「武器人間、実はそんなに強くないよね(笑)」 映画『武器人間』初日レポート&見逃せないグッズ情報も
  • 話題のアニメ映画『ペンギン・ハイウェイ』石田祐康監督インタビュー「反芻して記憶に深く焼き付いて、思い出してもワクワクする体験を作りたい」
  • 「Get Wild」に鳥肌! 約20年ぶり新アニメ『劇場版シティーハンター』2019年2月公開!特報映像解禁
  • この冬をアツくする激辛メニュー続々……若造よ!RED現象に注目せよ!
  • この“目”に見られないように気をつけて―― 映画『のぞきめ』の眼力すさまじい画像解禁[ホラー通信]
  • 【独占記事】ハビエル・バルデム、ユニバーサルのモンスター映画シリーズでフランケンシュタインの怪物役へ
  • 映画『Deadpool 2(原題)』の撮影中、スタントの女性が事故で死亡
  • 「VFX-JAPANアワード」映画部門に『ALWAYS 三丁目の夕日’64』、博展部門に『巨神兵東京に現わる』
  • 人気俳優が引退してラッパーに転身! 全米騒然も「ドッキリでした☆」
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』来日記者会見・全文書き起こし
  • ジョン・タートゥーロ、映画『ビッグ・リボウスキ』のスピンオフ映画『Going Places(原題)』を撮影中

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

好きなことをして生きるためには、まず「落ちこぼれ」になれ

好きなことをして生きるためには、まず「落ちこぼれ」になれ

学生時代に必要すべき経験って、なんだと思いますか? それぞれいろいろな回答が出てくるでしょう。

学生時代に必要なことは、落ちこぼれること

そう語るビジネス書の著者がいます。「さっさと落ちこぼれて、自分のエリートコースを創る」。そう主張するのです。

千田琢哉さんの『学校は負けに行く場所。』(藤田聖人刊)は、「好きなことで成功するために役立つ40」が紹介された一冊です。

■何もしないで落ちこぼれてはいけない

ただ、誤解をしてはいけないのは、何もしないで落ちこぼれるのではなく、どんなことにも一度は真剣に挑み、負けを正面から受け入れるということです。

失敗し続けていれば、自分ができないことが分かってくる。一方で、自分が出来ることも分かってくる。自分に向いている分野や好きなことで成功するための礎が見えてくるのです。

■「将来役立ちそうだから」の勉強はもうやめよう

子どもの頃の勉強は、試験という区切りがあるため、我慢できます。しかし、大人になってからの勉強は寿命が尽きるまで続きます。ずっと勉強をし続けなければならないのです。

好きなことをして生きていくためには、勉強は必要不可欠。しかし、それを続けていくためには勉強する対象を「好きなもの」に定めなければいけません。役に立つかどうかなんて関係ない。好きなことを勉強するのです。

「楽しくない勉強など二度と関わってはいけない」(P153より引用)

ここまで著者が断言するのは、そういう理由があるのです。

■落ちこぼれが成功をする社会へ

自分の得意なものに気づいていない人は多いでしょう。全ての教科で平均点以上を目指し、どんなことでも「そこそこ」。でも、それでは突き抜けた成功を得ることはできません。

学生だけでなく、社会人にも通じるこの本の内容は、人生に迷う人たちにとっての指針になるはずです。
(新刊JP編集部)

【関連記事】 元記事はこちら
現代人の“情報との向き合い方”
能力主義の会社に転職できる人材とは?
あなたも使っているかもしれない?「落ちぶれるワード」

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。