ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラクガキでコミュニケーションが円滑に!?誰でもできる簡単メモとり術

f:id:kensukesuzuki:20160225123621j:plain

こんにちは、谷益美です。

学校で企業で行政で、そして酔っぱらってのお悩み相談で、老若男女のコミュニケーション相談に乗ること11年。

「色んな人には会うんですが、どうも次につながりません」

「打合せしたのに、どうしてみんな決めた通りにやってくれないんですか!?

などなど、コミュニケーションに関するお悩みは尽きません。今回は、そんなこんなのお悩みに効く「ノートの取り方」お伝えします。

そのお悩み、ノートを書いて解決しよう!

そもそもコミュニケーションとは、語源から言えば「共有する」こと。しかしながら実際には、「言ったつもり」「聞いたつもり」のつもり違いで実は共有できていなかった!なんてことがよくあります。

「あの時ちゃんと説明したよね?」「聞いてません!」

こんな不毛なやり取りに終止符を打ちたいと思うなら、打合せや会議のやり取りは、ノートに書いて共有しましょう。

共有するためのノートですから、相手にもちゃんと読める字で、ある程度の丁寧さを持ってまとめることが大切です。

メモを取ろうと思うと、聞く姿勢も相手の話への集中力も変わります。退屈で居眠りしそうな会議や打合せこそ、書くぞと決めて臨んでみましょう。

そもそもノートを人のために取る「見せるノート」を意識して実践している人は少数派。「この人は、他の人とはひと味違うぞ」と思わせる効果もついてきます。

あっという間に覚えてもらえる。最強!ラクガキノート対話術

「ひと味違う」どころか、ノートひとつで誰とでもつながれる、そんなスゴいノートを書く人もいます。

「ラクガキノート術」の著者、タムラカイさん(通称:タムカイさん)を、私が担当する早稲田大学ビジネススクールの講義にお呼びしたときのこと……

f:id:kensukesuzuki:20160225113626j:plain

▲講義内容をノートにまとめるタムカイさん

タムカイさんが講義中に描いたノートがこちら

f:id:kensukesuzuki:20160225114315j:plain f:id:kensukesuzuki:20160225114731j:plain

書き始めた途端に周りがどよめき、書き終えたノートを見たいと色んな人が寄ってきます。・・むむ、ちょっと羨ましいぞ(笑)。ここはひとつ、タムカイさんご本人に解説をしていただきましょう。

f:id:kensukesuzuki:20160225115813p:plainタムラカイ:はじめまして、タムカイと申します!

谷さんに「ちょっと遊びに来なよー」と呼んでいただき、せっかくだしノートでもとるかと描いていたところ、気づけばこんなところに(笑)

さて、私のノートの特徴は見ての通り「ラクガキ」をたくさん入れていることです。

みなさんも子供の頃からたくさんメモやノートを書いてきたと思うのですが、後で読み返す方ってどれくらいいるでしょうか?書いて満足して、次の日に見返しても字ばっかりでパタンと閉じてしまって……。そんな経験はありませんか?

極端な話、ノートをあとで見返している自分というのは他人みたいなものなんですね。他人が書いた文字ばかりの走り書きのノートを読みたいかどうか…、答えは考えるまでもないでしょう。そこで他の人が見ても楽しくなるようにと、私が色々やってみた結果たどり着いたのがもともと好きだったラクガキを入れる事でした。

はじめは自分が見返すためだったのですが、今では講演者やまわりの方からも「見たい!」と言っていただけて、谷さんからは「人とつながるノートだね!」なんて言われ、本当にありがたいかぎりです。

……タムカイさんのノートを見て、「こんなスゴいの書けません!」と思った方。あきらめるのは時期尚早です。ちょっとしたコツさえ分かれば、「100種類の表情」だって、すぐに誰でも描けるようになっちゃいます。タムカイさんに学んだコツは「パーツに分けて、組み合わせる」ことなのです。

パーツに分ければ誰でも描ける。カンタンイラスト上達法

f:id:kensukesuzuki:20160225120634j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy