ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

A4の裏紙一枚で頭スッキリ! モヤモヤをなくし、即断即決できるようになる「ゼロ秒思考」

A4の裏紙一枚で頭スッキリ! モヤモヤをなくし、即断即決できるようになる「ゼロ秒思考」

頭の中がモヤモヤしたまま、すっきりとしない。決めなくてはいけないことがあるのに、気持ちばかりが焦って何も決められない。やらなくてはいけないことは多いのに、なかなか行動に移せない。それが転職・就職、結婚、出産などといった大きなライフイベントともなれば、よりプレッシャーに感じ、一歩も前に進めなくなってしまう。

f:id:w_yuko:20160206113706j:plain

多くのひとが抱えるこうした悩みに対し、シリーズ累計22万部を突破している「ゼロ秒思考」(ダイヤモンド社)の著者・赤羽雄二氏は、A4一枚の「メモ書き」で、心の整理をし、考えをまとめ、深めるトレーニング方法を提唱。先月15日に出版された同シリーズ第3弾『ゼロ秒思考 行動編』(ダイヤモンド社)では、さらに一歩踏み込んで、即断即決、即実行するためのノウハウについて解説している。

頭の中をクリアにしてスピードある決断をし、さらにそれを実行するにはどうすればよいのか。その解決法を紹介する。

f:id:w_yuko:20160206113705j:plain

赤羽雄二

東京大学工学部を1978年に卒業後、小松製作所で建設現場用ダンプトラックの設計・開発に携わる。1983年よりスタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士を取得。1986年、マッキンゼーに入社。14年間、日本企業、韓国企業の経営改革、新事業創造にパートナーとして取り組む。世界二十数カ国からコンサルタントを動員。2000年以降、日本発の世界的ベンチャーを1社でも多く生み出すべく、ブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業。最近は、大企業の経営改革、経営人材育成、新事業創出、オープンイノベーションにも積極的に取り組んでいる。著書に『ゼロ秒思考』『速さは全てを解決する』『ゼロ秒思考 行動編 即断即決、即実行のトレーニング』(以上ダイヤモンド社)、『世界基準の上司』(KADOKAWA)、『マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング』(宝島社)、『頭が真っ白になりそうな時、さらりと切り返す話し方』(KKベストセラーズ)、『世界一シンプルなこころの整理法』(朝日新聞出版)、『7日で作る事業計画書』(明日香出版社)等多数。

1.「ゼロ秒思考」とは何か

思考の「質」と「スピード」、双方の到達点が「ゼロ秒思考」だ。ゼロ秒とは、瞬時に現状の認識をし、瞬時に課題を整理し、瞬時に解決策を考え、瞬時にどう動くべきか意思決定できることだと考えている。究極の姿として、迷っている時間はゼロ、思い悩んでいる時間はゼロとなる。

モヤモヤとした気持ちをその場で言葉にし、考えを深められるようになると、考えが前に進むだけではなく、どんどん加速していく。課題が整理され、問題点の本質が見え、本質的な解決策とそのオプションが浮かび、オプションのメリット、デメリットが即座に浮かび、問題の本質と全体像を押さえた確実な対策が打てるようになる。

一見すると不可能とも思えるが、A4メモを多数書いて言語化能力を鍛え、問題把握・解決力も強化していくと、その領域に近づいていく。話し言葉の場合、口下手な人でも1分間に数百字は話すことができるが、書き言葉は慣れないとせいぜい40~60字程度。 「スピード」で見ると圧倒的に話し言葉が優るが、「質」で考えると、話し言葉は空回りしたり、堂々巡りしたりすることが多く、書き言葉のほうが頭が整理される。なので、話すのに近いスピードで書けるよう努力していくことで、思考もだんだん整理され、深まりやすくなっていく。

f:id:w_yuko:20160206132428j:plain

2.「ゼロ秒思考」を鍛える最短、最良の方法――「メモ書き」

そのゼロ秒思考を身につける最短、最良の方法が「A4メモ書き」である。「A4メモ書き」は、こわばった頭をほぐす柔軟体操であり、頭を鍛える手軽な方法だ。そのメモ書きの方法は下記の通り。

毎日10分!『ゼロ秒思考』の「A4メモ書き」の方法

思いついたこと、気になること、疑問点、次にやるべきこと、自分の成長課題など、頭に浮かんだことはすべてメモに書きとめる メモはすべてA4コピーの裏紙に 必ず1件1葉、横書きで、左上にタイトル、右上に日付を書く 毎日10ページ、頭に浮かんだことをすべて書く

・真剣に考えていれば、毎日10ページ程度にはなる

・1枚1分ですばやく書く。毎日10分程度 夜まとめてではなく、思いついたその瞬間に書き留める

モヤモヤしていることや腹の立ったこと、やりたいことなど、何かの考えが頭に浮かぶたびに1分間で書き出していく。ここで意識すべきはスピード。考えずに、止めることなくどんどん頭に浮かんだものを文字で吐き出していく。そうすることで、内に隠れていた本当の気持ちや考えも出てくるようになる。

A4の裏紙を使うほうが気軽に書けるとのこと。費用もかからない。もし適当な裏紙がなければ500枚入りのコピー用紙を買えば、300円前後で相当もつ。 メモは思い立ったときに書く。1ページ1分なら、一日わずか10分程度でできる。A4だとかさばるという人は、特に通勤時などであれば、A4紙を3つ折りにして持っておくと混んでいる電車の中でも書くことができる。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy