ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

マイクロソフトのユーザーイベント「Fun Lounge produced by Windows Phone」でIS12Tを触ってきました

8月28日に品川にあるマイクロソフト本社にて、auより発売中のWindows Phone 7端末「IS12T」の体験イベントが開催されました。会場ではIS12Tの実機展示の他、マイクロソフト担当者の方やWindows Phone 7を先行体験したユーザーのセッション、さらにはXbox360のKinect体験、マイクロソフト製品の抽選会、オリジナルスイーツ(もちろんマンゴー)やドリンクが振る舞われるカフェが併設されるなど、会場には多くのユーザーが集まりお祭りのようなイベントでした。また、今回の主役であるIS12Tは既に25日からauで発売中ではありますが、多くの実機が無線LANに接続されてお試し用のSNSアカウントなどが設定されている状態での展示だったので、Windows Phone 7の機能を存分に試すにはとても良いイベントだったのではないかと思います。

さっそく私もWindows Phone 7を初体験をしてきました。IS12Tの実機が多く並ぶ中で私の心を奪ったのはシトラスというカラー。非常に綺麗な色で惚れ惚れしてしまいます。今回の端末はベーシックなブラックの他にシトラスとマゼンタというポップなカラーを採用しているため、今までの海外製Windows Phone 7端末とは一味違うイメージを持つほか、女性の方も注目しているようで、今回のイベントでも女性のユーザーが多く、既にIS12Tを購入して実際に使っている方もいらっしゃいました。

端末を初めて持った感想は「軽い!」

3.7インチの画面サイズからも非常にコンパクトな印象を与えられます。質感はプラスチックですがさきほどのカラーリングも相まって安っぽいというわけでもなく持っていて楽しくなるような端末だと感じました。カメラの周りやロゴ、縁取り、サイドボタンの黒色もアクセントになっていてグッド。さっそくボタンを押して画面を表示させてみると縦書きで表示された日付と曜日が新鮮です。Windows Phone 7,5でやっと対応した日本語ですが、ただ英語から日本語に訳しただけではなく、UIデザインを考えられて作られているところにマイクロソフトのこだわりが感じられます。

Windows Phone 7の特徴として挙げられるのがメトロデザインとパノラマUIですね。四角いタイルが並ぶ待受画面はおなじみのこと、巻物のように横に情報を辿っていくパノラマUIはiPhoneやAndroidにはない操作体験です。Windows Phone 7のアプリはほとんどがこのパノラマUIを採用しており、見やすさやデザインがとても優れています。

次に挙げられるのがSNSとの連携です。Windows Phone 7ではFacebookやTwitterなどの連携がOSレベルで実現されています。他のスマートフォンではFacebookやTwitterのアプリを開いて友達の近況をチェックしたりしますが、Windows Phone 7ではPeeple Hubといういわゆる電話帳的なアプリで、人ごとにSNSの種類関係なく近況をチェックすることが可能です。なので「Facebookの更新を見てから、Twitterを確認して……」などではなく直感的に人とコミュニケーションが可能になります。私はこのコンセプトがとても素晴らしいと感じています。かつてはソニーエリクソンに搭載されていたTimescapeが似たようなコンセプトだった気がしますが、完成度は明かにこちらが上。非常に使い勝手が良いです。

これらように初物のスマートフォンOSとしては華やかな面が多く魅力的に映ると思います。私も思わず欲しいなぁと思いましたが、まだまだなところも多くあるのが現状です。今のところアプリは既存のスマートフォンに比べたら圧倒的に少ないですし、マップが貧弱であったり、辞書登録ができなかったりと今までスマートフォンを使っていた方なら思わず「えっ?できないの?」と言ってしまうでしょう。iPhoneのアプリの豊富さ、Androidの高機能にどっぷり浸かったヘビーユーザーの方は乗り換えはちょっと難しいかなと思いました。ただOSの基本的な部分の完成度は非常に高いと思われますので、ユーザーからのフィードバックを吸収してこれからどんどん進化すればきっと更に魅力的なスマートフォンになってくれるんじゃないかなと期待しています。今回のイベントのマイクロソフトさんの姿勢を見ていてそう感じました。

まだWindows Phone 7を触っていない方はぜひお店で一度手に取ってみることをオススメします。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「yamkei」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
デジモノやWebサービスなどに興味がある工学部な学生です。 新しい物好きでブログを中心に情報発信することが好きです。最近は企業のブロガーイベントなどにもよく参加させていただいています。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき