BlackBerryは自社のBlackBerry OSを捨ててAndroidに転向する模様

access_time create folderデジタル・IT

BlackBerry がこれまで投入し続けてきた自社開発のスマートフォン用 OS である BlackBerry OS を捨てて、Android 専業メーカーに転向するという情報が伝えられています。BlackBerry は先週、インドで「Priv」の投入を発表しており、そのイベントに参加していた APAC 地域向けのプロダクトマネージメントを担当する BlackBerry の Damian Tay 氏がそう思わせることを発言したと、現地メディアの Economic Daily が伝えています。同氏は、「Priv は潜在的に、我々が Android エコシステムにシフトするための機種です」「BlackBerry は 2 つの OS を維持していくことはできないので、Android 一本に絞ると思います」と発言したそうです。先日、BlackBerry の CEO は、今年は 2 機種のスマートフォンを出すとしながらも、両方とも Android を採用する予定だと明らかにしたと伝えられました。少なくとも今年は BlackBerry OS 端末の発売ない模様です。Source : Economic Daily

■関連記事
BlackBerry Privの標準カメラがアップデート、パフォーマンス・画質が改善
XiaomiのMi 5にはWindows 10 Mobile版もあり?
Galaxy S7は2月21日に発表される模様、ティザー画像が流出

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧