ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

次はコレ来る!? 日本初のムースデリ&カフェ『ニューディッシュ ムース デリ&カフェ』

ランチボックス1

2015年12月17日、東京・銀座に日本初の”ムース”デリ&カフェ『nu dish Mousse Deli & Cafe(ニューディッシュ ムース デリ&カフェ)』がオープン。 栄養素をしっかり、効率良く摂ることができる『ムース食』を使った、おいしいメニューをご紹介します。

ランチボックス2

日本初! 『ムース食』を使ったメニューが食べられるレストラン『ニューディッシュ ムース デリ&カフェ』

外観

『nu dish Mousse Deli & Cafe(ニューディッシュ ムース デリ&カフェ)』は、栄養素をしっかり、効率良く摂ることができる『ムース食』を使ったメニューを提供するレストラン。

メニュー監修を”予約がとれないフレンチ”として有名な『レストランOGINO』のオーナーシェフ、荻野伸也氏が担当し、心も体も幸せになれる”口福(こうふく)”な逸品を堪能できます。

空間

お店はシンプルでスタイリッシュな外観に、どこか温かみのあるオシャレさを持つ内装。

席

カフェスペースは50席設けられており、

席2

みんなで座れるテーブル席のほか、

席3 席4

おひとりさまでも気兼ねなく座れるカウンター席、

席5

ゆったり落ち着けるソファ席など、様々なニーズに応えた座席が用意されています。

席6

そもそも『ムース食』ってなに?

『ムース食』とは、噛むこと、飲み込むことが困難な方々のために、日清医療食品が開発したものです。

”ミキサー食””きざみ食”などといった、よく知られている流動食には、「量が増えて、必要な栄養素が摂取しにくい」「見た目が悪く、食欲がわきにくくなる」という問題点がありました。

しかし『ムース食』は、舌でつぶせるほどやわらかく、飲み込みやすいうえに、見た目もキレイ。誰もがおいしく栄養素を摂れるようになっており、病院や社会福祉施設で活躍しています。

『ニューディッシュ ムース デリ&カフェ』は、そんな『ムース食』を多くの人に知ってもらうべく、『ムース食』を活用した絶品メニューを提供しているのです。

早速、ランチメニューを食べてみた

ランチプレート

『ニューディッシュ ムース デリ&カフェ』のランチメニューは、主食・冷菜・温菜を自分で選ぶスタイル。税込1200円でドリンクもつきます。

メニューは週替わりで、季節に合わせた様々な料理が展開されるそうです。何回来ても新しい味に出会えそうで、ワクワクしますね。

主食
1 2 3次のページ
Nagaya Ayakaの記事一覧をみる

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy