ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェアとその時間的遷移(7月)、4分の1近くがGingerbreadに

Android Developersで、8月1日までの14日における世界中で利用されているAndroid端末のOSバージョン別シェアと、その時間的遷移のグラフが公開されています。スマートフォン向けバージョンの中でGingerbread(Android 2.3~2.3.4)だけがシェアを伸ばしているという傾向は前回と同じのようです。Gignerberadのシェアの伸びは前回より低いものでしたが、着実にシェアを伸ばしており、今や4分の1が近くがGingerbraedといった状況です。

Androidの中でスマートフォン向けOSとタブレット向けOSを比較してもあまり意味はないと思いますが、Honeycombはようやく全体の1%を超えたようです。

Source : Android Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
米TI、OMAP 4がIce Cream Sandwichのリファレンスに採用されたことを認めた?
Google+のAndroidアプリがアップデート、通知・ストリーム・Huddle関連の機能強化
NVIDIA "Kal-El"(Tegra 3)搭載タブレットは今秋に、スマートフォンは来年早々に登場

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。