ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジャスティン・ビーバーvs1D 自己最高の初動枚数を獲得し、米ビルボード・アルバム・チャート1位に輝いたのは?

ジャスティン・ビーバーvs1D 自己最高の初動枚数を獲得し、米ビルボード・アルバム・チャート1位に輝いたのは?

 ジャスティン・ビーバーの4thアルバム『パーパス』が、自己最高の初動枚数を獲得し、No.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 累計枚数65万枚を獲得して、堂々の首位獲得となった、ジャスティン・ビーバーの新作『パーパス』。セールスの内訳は、実売枚数(ダウンロード数とCDの売上)が52万枚だったのに対し、単曲のストリーミング・ポイントでのセールスが12万枚強と、視聴回数だけで10万枚以上を売上に上乗せするという快挙を成し遂げている。

 今週のシングル・チャートをみても、2ndシングル「ソーリー」が2位に、4位には新曲「ラヴ・ユアセルフ」が初登場し、1stシングル「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」が5位に返り咲き、TOP5内には3曲がランクイン。さらに、TOP100位内では、合計17曲をランクインさせ、アルバムからのトラックが、ほぼ全曲チャートインするという展開をみせた。ジャスティンはこれで、2010年のデビュー・アルバム『マイ・ワールズ』から、4作すべてが首位デビューを果たし、男性ソロ・アーティストの歴代記録を更新した。

 一方で、ジャスティンとのアルバム対決が注目されていた、ワン・ダイレクションの5thアルバム『メイド・イン・ザ・A.M.』は、累計枚数46万枚と高セールスをマークしたものの、ジャスティン・ビーバーの快進撃には敵わず、2位デビューとなった。実売枚数は40万枚を突破し、予約の時点では優勢かと思われたが、ジャスティンとの大きな差が生じた理由としては、やはりシングル曲のストリーミング回数だろう。今週のチャートでも、ジャスティンが17曲ランクインしているのに対し、ワン・ダイレクションは7曲と大差をつけられ、さらにTOP20以内には1曲もランクインしていないという状況。アルバムに加算されるストリーミングポイントは、ジャスティンが12万枚だったのに対し、ワン・ダイレクションは5万枚と伸び悩んだ。

 また、メディアの見解としては、彼らの解散説が囁かれていることで、ファン離れが生じてしまった結果ではないかと分析している。主要各国のチャートをみても、やはり2位デビューが目立ち、ジャスティン・ビーバーが圧勝という結果に。しかし、UKやベルギー、アイルランドでは首位をマークしていて、ヨーロッパ方面の人気は根強いことを物語っている。ジャパン“Hot Albums”チャートでも、ジャスティンが4位だったのに対し、ワン・ダイレクションは3位に初登場した。

 今週は両者の他にも初登場作品が目立ち、TOP10内だけでも、7作の新作がランクインしている。3位には22歳の新星ラッパー、ロジックの2ndアルバム『ザ・インクレディブル・トゥルー・ストーリー』、4位にはヤング・ジージーの“ジージー”名義のアルバム、『チャーチ・イン・ディーズ・ストリーツ』がランクインを果たした。続いて、5位にはカントリー界からクリス・ヤングの5thアルバム『アイム・カミング・オーバー』がランクイン。前作に続き2作連続のTOP3入りは果たせなかったものの、カントリー・チャートでは、自身初の首位獲得を果たしている。

 7位にランクインしたトランス・シベリアン・オーケストラは、クラシックのナンバーをロックやヘヴィメタルでアレンジする、毎冬のツアーが人気のグループ。本作は、2年前にリリースしたコンピ盤に続く、2年ぶりのアルバムで、通算3枚目のTOP10入りとなった。
9位に初登場したのは、デビュー曲「ヒア」が、今週のシングルチャートで初のTOP10入りを果たした、アレッシア・カラのデビューアルバム『ノウ・イット・オール』。<デフ・ジャム>のイチオシシンガーということで、パワフルなヴォーカルとキュートなルックスのギャップが印象的な、若干19歳のシンガーだ。10位には、来日公演も好評だった、ゴスペルシンガーのカーク・フランクリンがランクイン、4作目のTOP10入りを果たしている。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、25日22時以降となります。

関連記事リンク(外部サイト)

12月5日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
12月5日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
【アメリカン・ミュージック・アワード】でスクリレックス、ディプロ、カルヴィン・ハリスが大勝利

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。