ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

矢野顕子、アナログレコード&ハイレゾ連続リリース第二弾は『ホントのきもち』『音楽堂』『akiko』

矢野顕子アナログレコード&ハイレゾ連続リリースの第一弾として、7月29日に先行して発売された『はじめてのやのあきこ』、『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』の2作品に続き、『ホントのきもち』『音楽堂』『akiko』の3作品が11月25日に新たにリリースされた。

アナログ LP盤『ホントのきもち』 (okmusic UP's)

『ホントのきもち』は、2002年に行われた『くるり presents “百鬼夜行2002”』のゲストとして呼ばれたことをきっかけに親交を深めることとなった岸田繁(くるり)、レイ・ハラカミとのコラボレーション作品を含む全10曲を収録。2004年に発売され、矢野顕子の新たな挑戦とスタンダードが詰め込まれたアルバムとなっている。

同アルバムの制作には、当時としては革新的であったPyramixによる1bitレコーディングを採用。SACDフォーマットとしてもリリースされており、今回はそのハイレゾリューションなマスター音源をそのままにDSD 2.8MHzとPCM 24bit/192kHz音源、そしてアナログレコード盤としてリリースされる。CDフォーマットでは感じる事の出来ない、録音時の豊かな響きと感動を味わえる必聴作品となりそうだ。

また、2010年に発売されたピアノ弾き語りシリーズ第4弾アルバム『音楽堂』 は、神奈川県立音楽堂での吉野金次氏の一発録りによる、矢野と吉野がただただ自身と戦い続ける気迫を感じ取る事が出来る、まさに矢野顕子の真骨頂とも言える作品。レコード盤ではその風合いを、ハイレゾ盤ではその生々しいばかりの気迫を感じることが出来る。

そして、忘れてはいけないのが、全編LAレコーディングとなった『akiko』だ。鮮烈なデビューを印象付けた自身のファーストアルバム『JAPANESE GIRL』でのロサンゼルスセッションから30年。矢野がプリミティブな衝動をもって表現に向かい、アーティストとしての原点に立ち返りながら、T・ボーン・バーネットプロデュースの元、マーク・リーボウ(G)ら熟成された技術を持つ辣腕ミュージシャンと最高のセッションで音楽を紡ぎだし完成させた、まさに「JAPANESE GIRL IS BACK!」とも呼ぶべき1枚だ。

バーネット自身『JAPANESE GIRL』を耳にして以来の矢野の大ファンということで、矢野からの30年越しのオファーに、このセッションは始まる前からの成功が約束されていたと言っても過言では無いだろう。

これらの貴重な3作品をアナログレコード作品にするにあたり、日本屈指の名匠小鐵徹氏が起用され、作品の魅力が余すこと無くカッティングされた。また、ハイレゾ化については、これまで矢野顕子の音と何度も向き合ってきたマスタリングエンジニアの小池光夫氏が担当。CDへの収録用に行ったマスタリング後の音源ではなく録音マスターを使用してのハイレゾ化に、レコーディング時の熱を余すこと無く感じ、楽しむ事ができる仕上がりとなっている。

それぞれの作品についてはトレーラー動画やインタビュー、ホームページなどをチェックしていただきたい。

アナログ LP盤『ホントのきもち』
発売中
YCJW-10006/¥3,000+税
※数量限定アナログ LP 盤
<収録曲>
【SIDE A】(22分26秒)
01. 行かないで
02. N.Y.C.
03. まっ赤なビー玉
04. House of Desire (Burnin’ Down)
05. おいてくよ
06. Night Train Home (acoustic version)
【SIDE B】(20分21秒)
01. Too Good To Be True
02. Our Lives
03. Nobuko
04. Night Train Home

■Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B0152Y30Z0/
■商品ページ
http://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=816&artist_id=61

アナログ LP盤『音楽堂』
発売中
YCJW-10004〜5/¥3,704+税
※数量限定アナログ LP 盤
<収録曲>
■DISC 01
【SIDE A】(16分31秒)
01. グッドモーニング
02. へびの泣く夜
03. 椅子
04. 春風
【SIDE B】(13分50秒)
01. 犬の帰宅
02. 嘆きの淵にある時も
03. おかあさん
04. Say It Ain’t So
■DISC 02
【SIDE A】(18分38秒)
01. きよしちゃん
02. My Love
03. 右手
04. Vincent
【SIDE B】(12分14秒)
01. さあ冒険だ
02. Green Tea Farm
03. いい日旅立ち

■Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B0152Y30ZK/
■商品ページ
http://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=815&artist_id=61

アナログ LP盤『akiko』
発売中
YCJW-10007/¥3,000+税
※数量限定アナログ LP 盤
<収録曲>
【SIDE A】(21分42秒)
01. When I Die
02. Evacuation Plan
03. The Long Time Now
04. Song for the Sun
05. Whole Lotta Love
【SIDE B】(20分01秒)
01. しまった
02. いい子だね
03. People Are Strange
04. The Wall
05. 変わるし

■Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B0152Y30WS/
■商品ページ
http://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=817&artist_id=61

アナログ LP盤『はじめてのやのあきこ 』
発売中
YCJW-10002/¥3,000+税
<収録曲>
【SIDE A】(17分15秒)
01. 自転車でおいで (槇原敬之との共演)
02. 中央線 (小田和正との共演)
03. PRESTO (Acoustic Version)
04. ごはんができたよ (YUKIとの共演)
【SIDE B】(13分57秒)
01. 架空の星座 (井上陽水との共作・共演)
02. ひとつだけ (忌野清志郎との共演)
03. そこのアイロンに告ぐ (上原ひろみとの共演)

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy