ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

幸せと座布団を運び続けて31年!笑点・山田クンが語る「継続する先に見えるもの」

「山田クン!座布団1枚持ってきて!」

 何をやっても継続できずに、すぐに飽きてしまう。なのに、日曜の夕方、「笑点」だけは子供の頃から見続けている。テレビの向こうには昔も今も変わらずにニコニコしながら座布団を運び続ける”山田クン”。どこかほっとする反面、幸せと座布団を運び続けて31年なんて、どうしたら継続できるのかと不思議に思ってしまう。

 山田クンこと、山田たかおさんの著書「山田クンとざぶとん」(双葉社)や「ボクに運が巡ってくる55の理由」(廣済堂出版)を開けば、その多才さにまず驚かされる。元スーパーアイドルで、落語家として寄席にも出れば、スピルバーグの映画に出演した経験も。運動神経も抜群でプロボクサーの資格を持ち、卓球の腕前も世界ベテラン卓球選手権に出場するほど。なおかつ不動産の才もあり、マンション2棟を所有するオーナーでもある。それというのも、すべては「座布団芸」という、山田たかおさんの代名詞とも言える芸があるからだ。

 3人に1人は、3年以内に仕事をやめてしまうといわれる時代。山田さんはどのように継続力を身につけ、座布団を武器に運を切り開いていったのか。話を聞いた。

f:id:w_yuko:20151112202629j:plain

山田たかおさん

東京生まれ。10歳から人気子役として芸能界で活躍。昭和50年、ずうとるびでNHK紅白歌合戦出場。昭和59年から「笑点」の6代目座布団運びを現在まで務める。昭和62年位は、スティーヴン・スピルバーグ監督作品「太陽の帝国」に出演。落語家、プロボクサー、世界ベテラン卓球選手権出場など多彩な一面を持つ。

”冒頭挨拶コンプレックス”を克服するために、落語協会会長に弟子入り

 笑点で座布団運びを始めて今年で31周年になります。それ以前は男性アイドルグループ「ずうとるび」のボーカルをしていました。笑点のコーナー「ちびっ子大喜利」に出演して座布団10枚を獲得したときに、「レコードを出したい」と自ら申し出て、デビューさせてもらったんです。その「ずうとるび」を引退すると、お金も仕事もまったくなくなってしまい、まさにどん底というタイミングで当時のプロデューサーから声をかけていただきました。それまで笑点で座布団運びをしてきた人たちは体格が大きな人ばかりだったので、小さな人が一生懸命運ぶ姿がテレビに映れば面白いんじゃないかという発想だったそうです。

 とはいえ、最初の1年は、とにかくつらかったです。何がつらかったかというと、冒頭での挨拶。話芸の達人たちが次々とテンポよく面白い話をした一番あとに、素人の私が挨拶をしなければなりません。いろいろとネタを準備しても、なにせ順番が最後なものだから、先に言われてしまうことも日常茶飯事でした。ひどいときは、冷や汗をダラダラと流しながら、カメラの前で「あぁ〜、あぁ〜、暑いですね」としか言えなかったこともあります。

 私の前に座布団運びをしていた松崎真さんは、「手をあげて、横断歩道を渡りましょう」という決まり文句を言うだけで済んでいたので、自分も同じように同じ言葉を言い続ければよいと思っていたのに、「毎回、違うことを考えてこい」なんて指示されたものだから、プレッシャーに押しつぶされそうでした。

f:id:w_yuko:20151112202630j:plain

 プロデューサーのすすめで、6代目座布団運びに起用された直後からお辞儀の仕方や歩き方を学ぶために日本舞踊は習っていたのですが、挨拶コンプレックスを克服するために落語を一から学びたいと思いました。それで当時の落語協会会長の鈴々舎馬風(れいれいしゃばふう)師匠に「弟子にしてください」と頭を下げて、一門入りすることにしたのです。ところが、笑点のプロデューサーやディレクターに報告する前に、馬風師匠が新聞記者に話してしまったものだから、次の日にはドドーンと一面に「山田隆夫、鈴々舎一門入り!」と掲載されてしまって大騒ぎに。馬風師匠自体がすごい人ですから、なんとかおさまりましたけどね。高座名はおかみさんにつけていただいて、「鈴々舎鈴丸」と申します。なので、私自身、現役の落語家でもあるんですよ。

 落語で真打入りを果たすには、早くても15年かかると言われています。その前の階級に、前座見習い、前座、二ツ目とあるのですが、二ツ目になると羽織が違うんだとか、座る場所も階級で決められているんだとか、前座で漫才やコントをやる人は色物部屋で色をつけるから部屋が違うんだとか、さまざまなことを学びました。そのおかげで、コンプレックスだった挨拶も、徐々に堂々とふるまえるようになりました。 

“ただの座布団運び”を「座布団芸」へと導いた故・5代目円楽師匠

 私が任される以前の笑点の座布団運びといえば、「司会者に言われて渡す。司会者に言われて取る」の繰り返しでした。それまで座布団運びが前に出てくるということは一切ありませんでした。

 そのきっかけをくれたのは故・五代目三遊亭円楽師匠です。座布団運びを始めて10年が過ぎた頃、「悪口を言われたら、おもいっきり突き落としてしまいなさい。なんでもいいよ。自分の判断で好きにして」と楽屋で言われました。

 落語界で神様のように崇められている人たちを突き落とす。不思議と怖いという気は起きず、そういうチャンスをくれているのだから、がんばろうと思いました。ただ座布団を運んでいるだけではダメだと。何より自分から動かないとテレビは撮ってくれないじゃないですか。あとでカットされても何しても、自分から動かないと。それは思いましたね。

 林家こん平師匠が病気になって、みなが集まったときも、「こん平師匠の代わりに変な芸人は入れるな。入れるなら、山田くんを大喜利に入れればいい」と円楽師匠がおっしゃってくださいました。黙って正座して聞いていたのですが、内心は「座布団運びでいいのに、大喜利なんてダメだ!一番楽な仕事を取られてはダメだ!」とドキマキしていましたよ(笑)。そうやって、要所、要所で私を気にかけてくださっていた円楽師匠が、引退する最後の回の舞台袖で、「山田クン、頼りにしているよ」と声をかけてくださったことは、今でも強く脳裏に焼き付いています。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。