ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【インタビュー】ニコニコミュージカル『カンタレラ』開幕!! 弟の姉さんに意気込みを聞く

弟の姉さん

8月3日から『ニコニコミュージカル』(通称『ニコミュ』)の『カンタレラ』が公演され、7月2日からはチケットの販売も開始される。 このミュージカルは動画投稿サイト『ニコニコ動画』に投稿された、ドラマチックな世界観を描いた同名のVOCALOID楽曲(音声合成ソフトをボーカルに用いた楽曲)をミュージカル化したものだ。 原案である『カンタレラ』は現在160万回近くの再生数を誇り、多くのファンから愛されている。 今回はミュージカル『カンタレラ』が公演に向かう中、出演者の1人である”弟の姉”さんにインタビューを行った。 彼女は自身の歌を『ニコニコ動画』に投稿する歌手で、ライブイベントの経験はあるものの舞台は未経験。 そんな彼女に今の気持ちや、舞台への意気込み、またその人となりを伺った。

-初めての舞台となるのでしょうか?
中学生の頃、学芸会をやったことはありますが(きちんとした舞台は)初めての経験になります。

-『ニコニコ動画』の公式放送にはどのような番組に出演したことがありますか?
『ニコ生 生うたオーディション』(『ニコニコ動画』で放送されているオーディション番組)が初めてです。 その後に『生うた後夜祭』(同オーディション参加者によるライブイベント)にも呼んで頂きました。 その時に(ドワンゴの)齋藤Pさんから声をかけてもらい、『ニコニコ大会議2010秋~それはロックか?~』(『ニコニコ動画』公式のサービス発表&ライブイベント)や『ニコニコ大会議ツアー in 高崎』にも呼んで頂きました。

-『ニコニコ動画』さんの映画(『 動画探偵ぐれいと・すぺしゃる ニコニコ連続殺人事件』)にも出演されましたよね、そこが初演技の場となったのでしょうか?
正直、セリフが2つしかなかったので(笑) 衣装合わせや打ち合わせはもちろんありましたが演技指導ですとか声を出す練習などはやらずに本番に臨む形になりました。

-既にワークショップ(芝居の稽古)も体験されたとお聞きしましたが、実際に参加してみて如何でしたか?
発声練習や体をほぐすためのストレッチを行ったんですが、いかに自分が普段筋肉を使っていない、筋を伸ばせていないっていう所がまず驚きで。 体をほぐさないと声も出てこないし体も温まらない、(そういった)基本中の基本からちゃんと見直して行かないと演劇ってやっていけないんだな、っていうのが凄く分かりました。それから 発声練習では、講師の方からの「今の若者は、あまり口を動かさずに言葉を発しているので発音が危ない」といった話から、しゃべる時に口の動きや顔の筋肉をもっと動かさないといけないんだな、と意識するようになりました。

-カンタレラ自体の稽古はまだ始まっていませんよね?
7月からですね。

-稽古は1か月くらい続くわけですが、不安などはありますか?
楽しみです。 とても楽しみな反面、初めてのことなので本番に向けての緊張というか、失敗したらどうしようと(いう気持ちもあります)。 まだやったこともないことなので不安もありますが、ワークショップに参加させて頂いた時に、台本を読むにあたり感情を込めたりする雰囲気は、自分も楽しいなと思って。 1か月間みっちり稽古をつけて頂いて、演劇を1から教わるというのは自分にとっても凄く勉強になるので、実は早く稽古に参加したいなと思っています。

-演じるということに抵抗はありますか?
元々この企画へ誘って頂いた時に、(ニコミュのエグゼクティブ・プロデューサーである)片岡義朗さんからは「実は演技等に関して、歌を歌っている人は身につきやすい」とお聞きしました。 歌手は1曲の中に沢山の感情を込めて歌うということを普段からやっているので、歌手の人が声優や俳優になった時に比較的やりやすいよ、と。 私も私で、それはとても安心ですし、演技が身につくようになればこれから先、歌を歌っていく時にとても役に立つだろうなと思いました。

-今回の『カンタレラ』には同曲以外にも有名な楽曲を用いることが発表されています。 またチケットには今回用いる原曲&出演者が歌った楽曲CD(弟の姉さんは『パラジクロロベンゼン』を歌っている)も付いてくるとのことですが、本公演に関わる以前は、これらの楽曲についてどう思っていましたか?
元々知っている曲で、特に『パラジクロロベンゼン』に関しては、音域的に私は歌い易かったので、カラオケでも歌っていたんです。 ただ(音域は歌い易くても)印象は「難しいな」と思っていたんですね。 ちょっと早いので、滑舌をしっかりしなければいけないところとか、息が続かないところとか。 『サンドリヨン』は、(デュエット曲で)一緒に歌ってくれる方がいなかったので(笑) ミクのパートは歌えるようになんとなく覚えている感じだったのですが……。 また当初は(CD用には)『サンドリヨン』を歌って欲しいと言われていて、無茶苦茶練習したんですよ。 今まで何となく聞いて何となく歌っていたんですが、CDに収録するのであればちゃんと練習しなきゃと、カラオケで一人でずっと練習して練習して練習して……、ところがその矢先に「歌う曲が変わりました」と連絡がありまして(笑)。

-災難でしたね(笑)
でも『パラジクロロベンゼン』もニュアンス的には『初音ミクの消失』(VOCALOID楽曲、弟の姉さんが歌った動画は現在約145万回再生されている)のような、ある意味無機質で怖い感じの曲調が凄く好きだったので、そこから頑張って練習し歌わせて頂きました。

弟の姉さん3

-『カンタレラ』についてはいかがでしょう?
『カンタレラ』はですね、イタリアを舞台に実際にあったボルジア家の話が元になっているんです。 (本ミュージカルの主人公である)チューザレ・ボルジアも実在の人物で、権力を得る為に周りの人をどんどん殺してのしあがっていくという人物。自分が演じるルクレツィアも実在の人物で文献がいくつかありましたので、それを調べて、まず世界史上から、実際にルクレツィアがどんな人だったのかを取り入れていこうかなと学んでいる途中です。 ただ台本が実際にあったボルジア家の通りに話が進むとも限らないと思いますので、読んだ本の内容に捕らわれないよう柔軟に考えようと思っています。

1 2次のページ
ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき