ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【モノ・マガジンのデジカメ報告No.5】ワイドから超望遠までごっそり撮れるよ25倍ズーム! キャノン『パワーショットG3 X』

camera_main

モノ・マガジンのデジカメ報告No.5

本稿は1982年創刊モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス刊)好評デジカメ連載『写真家:織本知之のデジカメナウ』や『電子寫眞機戀愛(デンシシャシンキレンアイ)』を気まぐれに、順不同に、電脳スペース上に移植したものである。または、カメラ片手に世の森羅万象を記録せんと闊歩する電磁カメ戦士たちにおくるラブレターでもある。

写真家:織本知之の電子写真機恋愛『パワーショットG3 X』

ワイドから超望遠までごっそり撮れるよ25倍ズーム! キャノン『パワーショットG3 X』で幸せの青い鳥をお撮り!

先日、愛車が29万キロの大往生を迎えたオリモトです、こんにちは。

これまで5台ほど4WDオフロード車を乗り継ぎ、四駆あらずんばクルマにあらず、クルマは「駆動輪切替えレバー」と「クラクション」さえあればOKという姿勢を貫いていたのですが、この度盛大に日和ましてカワゆいFF車に乗り換え。

ハンドルの横に一輪挿しなんか付いちゃってこういうのも悪くないモノですな……と、たまには違う味を楽しむのも趣があってオーライかと。また、カメラもレンズ交換とゴッついペンタ部は絶対だ! 
なんて思っていた時期もありましたが、最近はそこまでこだわらなくてもいいかな、と。なんなら一体型ボディで気のおけない撮影を楽しむのもいいのではないか、と。

そう考えていた矢先、あったらいいなをキヤノンがカタチにしました。

1434698139

25倍ズーム、1インチセンサー搭載。3代目J-SOULじゃなくて、16代目パワーショットG3 Xだ!

このPowerShot Gシリーズの16代目は超高倍率ズームレンズと防塵防滴ボディで、より逞しくなって登場しました。正直でかいス。

ただーし! 

約2020万画素1型CMOSセンサー、35ミリ判換算24ミリから600ミリの25倍ズームレンズは高倍率での収差を補正するためにさまざまなUDレンズ、Hi-UDレンズ、非球面レンズで武装し、手ブレ補正は新たに2群駆動にて3.5段分の効果を発揮。これで本体質量約690gは軽いものでありまするぞ。

canon-powershot-g1-x-mark-ii-insie-structure-e1422893355496

手に取りますれば一眼レフのような重量バランスで、小ぶりながらしっかりと握れるグリップ部分がカメラホールドをより確かに。全体的にすっきりとしたカメラらしいデザインで必要な操作はすべて直感的に行えるボタン、ダイヤル配置となっており電源を入れてカメラを構えれば自然と背面モニターで撮影姿勢に入るようなレイアウト。

「最近のデジカメはファインダーまで断捨離しやがって、まるで中身を見ずに箪笥ごと捨てちまうようなもんだ、だいたいカメラっつうのはなあ……」とお嘆きの紳士のためにオプションの電子ビューファインダー「EVF-DC1」もご用意しました。目で映像を確認しオデコでカメラを支えつつ両手で掴んで引き寄せて構えるほうが手ブレに強いはずです。

それではG3 Xを撮影に連れ出してみましょう

まず撮影するまえに決めなくてはならない撮影モードですが、カメラ上部に独立したモードダイヤルがありますのでお好きなポジションでどうぞ。ユーザーのカスタム設定からマニュアル、プログラムオート、全自動モードと通常のスチールデジタルカメラの機能はすべて揃っております。

あ

また右肩には非常に操作しやすい露出補正ダイヤルがあり、±3まで露出調整が瞬時に行えます。この調整機能が使い易いか否かによってカメラの立ち位置がわかります。このG3 Xは熱心なエントリーユーザーから真摯なハイアマチュア、機材に囚われない本質を見極めたプロカメラマンまで広く対応されるように設計されているようですな。ええ、プロ写真家が言うから間違いございませんことよ。

なお、背面の162万ドットのタッチパネルモニターはペロンと上に180度回転するので自撮りもOK、おっと馬鹿にすんなよこれはこれで楽しいですぞ。

HR_G3X_BACKOPEN_CL_0

プロでも難しい天体撮影モードも

メニュー画面は馴染みのEOSとほぼ同じで非常にわかりやすく扱いやすいモノになっております。

さらにユーザー思いのパワーショット開発部門は被写体を見失いがちな高倍率ズームの弱点をカバーする機能として「フレーミングアシスト」を搭載。超望遠で被写体を見失ったときにレンズ側面のボタンで一時的にズーム倍率を下げることで視野角を確保し再発見に努めよ、ようそろう。また、被写体を一定のサイズに保つように自動でズームイン・アウトを行う「オートズーム」機能も搭載。多機能はまだまだ続きます、「星空夜景」「星空軌跡」「星空インターバル動画」などの撮影モードを使うとコンデジでは難しかった天体撮影もOK。念のためいっておきますが、このへんの撮影はプロだって難しいから。

恥を忍んで言うと俺出来ないから天体撮影。

このようにまるで仕組みをほとんど説明できないけどとにかく凄いテクノロジーがみっちし詰まっておるのであります。さらにクリエイティブショットに各種クリエイティブフィルターなど機能盛りだくさん過ぎてとても全部紹介しきれないので詳しく知りたいひとは、買ってしまわれたほうがいっそ幸せ。

1 2次のページ
モノ・マガジン編集部の記事一覧をみる

記者:

1982年創刊のモノ情報誌のパイオニア。

ウェブサイト: http://www.monomagazine.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy