ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プロレスラー兼専務取締役!スーパー・ササダンゴ・マシンが語る、あきらめかけた夢と金型業界の未来

f:id:tany_tanimoto:20151112171744j:plain

 「文化系プロレス」との異名を持ち、プロレスファンのみならず幅広い支持を集めるプロレス団体、「DDTプロレスリング」。イケメンレスラーの飯伏幸太や俳優・坂口憲二の兄で格闘家の坂口征夫、「ゲイレスラー」の男色ディーノなど、個性豊かなレスラーたちがしのぎを削る中、対戦前に行うパフォーマンス、「煽りVTR」ならぬ「煽りパワポ」を編みだし、今話題となっているのがスーパー・ササダンゴ・マシン選手だ。ビジネスパーソンも唸るその高いプレゼン能力もそのはず、彼は実家の金型メーカー・坂井精機の専務取締役を務めている。プロレスラーでありビジネスマンでもあるその実態とは!? 謎に包まれた専務取締役としての働きぶりを伺った。

実は国内外で使われている自動車部品を作っている

――えっと……今日はスーパー・ササダンゴ・マシンさんとマッスル坂井さん(※覆面をしていない時のリングネーム)、どちらなのでしょうか?

f:id:tany_tanimoto:20151112172821j:plain
(※本当は覆面レスラーのはずですが…↑)

スーパー・ササダンゴ・マシン(以下、ササ):どっちでもいいですよ。

――では、スーパー・ササダンゴ・マシンさんということで、ササダンゴさんと呼ばせていただきますね。ササダンゴさんはプロレスラーでありながら、ご実家である新潟の坂井精機で専務取締役を務めています。どんなタイムスケジュールで動いているんですか?

ササ:大半は新潟市ですね。平日は朝8時から夕方の5時まで、金型工場におります。

――それで週末になるとプロレス興行に参加されているんですね。会社の従業員は何名ぐらいいるんですか?

ササ:40名ですね。祖父が創業し、父が社長を務めておりまして、自動車部品やデジカメ、医療用部品など様々な分野の金型を生産しています。

――自動車部品となると、国内のどこかのメーカーでササダンゴさんの会社の部品が使われているかもしれないんですね。

ササ:そうですね。国内のメーカー経由で、北米やヨーロッパで販売される車に使われていることも多いです。例えば自動車のモーターショーで、新車発表のニュースをインターネットで見ていると、「あれっ、これうちで作ったやつじゃないかな?」っていうこともあって、びっくりしますよね。

――わかるものなんですね!

ササ:はい。内装部品みたいに表に見える部分はもちろん、モーターやエンジンの中に入っている金属のギアなども作っていて、弊社の売上の6割くらいはそういう製品なんですよ。そういうのも含めたら、本当にどこで何が使われているかわからないですよね。

 ただやはり金型のシェアとしては、圧倒的に愛知や関東のほうが多いんですよ。有力メーカーがあってそのニーズに応えられるということは、それだけ技術力も高いということですからね。新潟は三条や燕が産地として有名ですが、新潟県としては全国トップ10にも入らないんです。

f:id:tany_tanimoto:20151112172515j:plain

――なかなか厳しい世界ですね。その中での企業努力というと、どういったことをされているんでしょうか。

ササ:お客さまが求めているのは、いかに高品質のものを低コストかつ短期間で納品してもらうか、というところなんですね。弊社は金型設計士がセールスエンジニアというか、技術営業職としてお客さまとのやり取りを行っており、金型の構造を3DCADで図面に起こして、一番効率的に大量生産できるものを実際の生産ラインに乗せていくので、ご満足いただいているのじゃないでしょうか。

 とはいえ、弊社の売上というのもお恥ずかしいところ、損益分岐点ギリギリの経営で。去年、過去30年分くらいの弊社の売上と日本の金型業界全体の生産額をグラフにして比較してみると、波形がまったく一緒なんですよ。要は、どれだけ営業をがんばったり、設備投資をして生産体制を強化したりしても、基本的にこの30年間、国内の金型業界の推移をひたすらなぞっているだけだったという。社長は「若い時は良かったけど、歳とってからダメになった」なんて言うんですけど、逆にここ5年くらいは業界全体がダウントレンドになっているのに対して、弊社はなんとか持ちこたえているほうだと思います。

――業界が低迷しているなか、なんとか踏みとどまっている、と。

ササ:はい。そこがポイントなんですよね。2008年にリーマンショックがあってドーンと落ちて、しばらくして国内の生産額は低迷しているけれど、うちだけ比較的高い時期があって。当然、多額の借り入れをして、大規模な設備投資をしたということもあったのですが、それ以外に何があったのかというと…私が入社したんですね(笑)。

――いろんな要素を洗い出してみると?

ササ:そこに私が坂井精機の救世主として入ったっていう事実が(笑)。まぁでも具体的には、何の営業もこれといった実績も残していないんですが。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。