ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガッツリいけて味も満足、後味スッキリ! まずはランチで食べたい“お助けマン”的中華

f:id:mesitsu_lb:20151013190309j:plain

ライターの松鵜です。

空っ腹に苦悶する胃袋君をガッツリ満たして幸せな午後を迎えたい、でも贅沢病にかかってしまったグルメ舌ちゃんを「どうよ!」とも唸らせたい。

でもでも、胃もたれ将軍の攻撃を受けぬよう、食べた後のスッキリ感も望んでいる……。「Oh! ジーザスっ、今日の私はなんてわがまま気分なんだ〜 」という日でもしっくりくる、“ランチのお助けマン”的な店があったらいいな。を叶えましょう!

てことで、やって来たのは福岡市のお隣、糟屋(かすや)郡志免(しめ)町。福岡空港国内線の先、博多駅から車で30分ほどの場所です。

f:id:mesitsu_lb:20151013190242j:plain

この糟屋郡は隠れたいい店が多いエリア。

福岡市に比べると土地も安く、家賃をおさえた分だけいい食材を手に入れて、おいしい料理をリーズナブルに提供する、なんて志が高い料理人たちが店を構えています。風土も豊かで、この地で採れる野菜や果物がウマいというのも理由のひとつなんでしょうね。

そんな糟屋郡の精鋭料理人たちが口を揃えて支持する店が『中華料理 ハナチャイナ』福岡では比較的珍しい、上海料理がベースのダイニングです。

店があるのは、県道24号線のそば。博多駅からの道筋だと、イオンモール福岡の手前にあるヤマダ電気が目印です。

ヤマダ電気がある「南里駅前」の交差点を左折したら、すぐ左手に店があります。店を通りすぎて次の交差点を左折すると駐車場があるので、車で訪れる場合は、こちらを利用してください。

f:id:mesitsu_lb:20151013190245j:plain f:id:mesitsu_lb:20151013190248j:plain

店内には、ダイニングテーブルが2組、お座敷には掘りごたつ式のテーブルが4組、カウンターは7〜8人が腰掛けられて、と、充分に席は用意されているけれども、ランチラッシュ時にはすぐに席が埋まってしまいます。

「せっかく来たのに満席で、昼休みが終わっちゃうよアレレのレ〜」とならないように、事前の予約or確認は忘れずに。

f:id:mesitsu_lb:20151013190251j:plain

食べる側、作る側の熱気が充満するランチラッシュではありますが、店内は整理整頓がされてあり清潔感があるので、ゆっくりと食事を楽しむことができます。

とはいえ、厨房の中は常に戦争状態!? だからなのか、男前店主・櫻木さん、ついにカラダ改造に乗り出しました。ランチラッシュ後のヘトヘト状態にも関わらず、昼休憩時にはロッキー・バルボアばりに筋トレ&ランニング。元トレーナーだというスタッフの方の名前をもじった“やまザップ”なるトレーニングをはじめて3カ月(取材時現在)。その効果やいかに!? と聞くや否や、めくられしTシャツの奥には、グランドキャニオンよろしく!! 6つに割れた腹筋の渓谷がおでましです。

f:id:mesitsu_lb:20151013190254j:plain

この筋肉を駆使して(しなくても料理はできますが)腕を振るう料理には、料理人としての繊細さや丁寧さが如実に顕われています。

いい野菜が手に入ったならば、食材そのものの味に敬意を払って、調味料を加えすぎずに火加減や塩梅ひとつで美味なる一皿に。和食を思わせる上品な料理を振る舞ってくれたかと思いきや、担々カルボナーラなる大胆な発想でジャンルの垣根を超えてくる、そんな柔軟性も魅力的です。

気さくにファミリーや飲んべえたちを迎える店でありながら、料理は料亭や割烹の領域。

「料理はその土地で育つ、というのが自然な流れです。だから福岡の中華料理は福岡味でOK。本場の味に倣いつつもとらわれすぎず、目の前のお客さんの顔や生産者の顔を気にして料理をしていきたいんです」

1 2次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。