ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手首に巻けるオシャレふせん「LIST-IT tough」を様々なシーンで使ってタフさを検証してみた

IMG_6840-s

バイトや学校など、忙しい時についついやってしまう「手の甲にメモ」。確実に目に付くので忘れることは無いですが、後で石鹸で洗ったり鉛筆は使えなかったりと、色々面倒ですよね。

そんな方に是非使っていただきたいのが、オシャレ文具メーカー・ハイモジモジから発売されている「LIST-IT」(16枚入り324円(税込み)/ハイモジモジHPより)。今回はこのオシャレメモの防水タフバージョン「LIST-IT tough」をご紹介します。

今回、ハイモジモジさんよりサンプルをいただき、実際に使ってみてその「タフさ」を検証してみました。

まずは使い方、そして一般的な使用シーンから紹介していきたいと思います。

使い方


まずはこちらのハイモジモジ公式使い方動画をご覧ください。使い方はとっても簡単。メモした側の先端を、反対側の切れ目に差し込んで折り返して止めるだけ。本当に簡単なので、時間が無い時などでも即座に装着する事ができます。

また、本体は紙だけで出来ているので、非常に素朴で軽い装着感でグッドです。

IMG_6872-s

今回使用したのはピンク・ブルー・パープル・イエロー・グリーンの5色。それぞれの色にあったカラーペンを使うことで、見やすくしたり、逆に見づらくしたりすることができます。また、それぞれ自己主張がマイルドな淡いパステルカラーなので、あらゆる洋服にも合わせやすのがGOODです。

IMG_6878-s

今回はオレンジのペンを使用しましたが、ピンクだと少し見づらいので他の人に読まれたくない時などに使用できそうです。

IMG_6875-s

こんな感じで、15~20文字くらいのメモならすぐさま確認することができます。
それでは、どんなシーンで使えるかを見ていきましょう!

シーン1 バイトなどで普通に使う

まずは普通に使うシーンです。その日の用事、待ち合わせの時間、タスク内容etcetc…メモすることはいくらでもあります。防水性なので、キッチンや水場の作業にも対応できるのが嬉しいですね。防水性能については後述しますが、バッチリですのでガンガン濡らすことができます

また、職場の人に頼み事や伝言があるときは、LIST-ITに書いて渡して腕に巻いてもらうのもいいかもしれません。まず間違いなく忘れないでしょう。

商品をまとめたりするのにもってこい!

IMG_6893-s

普通に腕に巻く以外でも、商品をまとめるのにも使えそうです。例えば、商品をある程度結束させておきたい時など、仮止めとしては十分に機能します。アナログですが、商品情報をメモして管理することもできそうですね。

シーン2 パーティーなどの大人数イベントで、チケット代わりのリストバンドとして使う

大人数の参加費徴収型のパーティーなどでは、入場者にリストバンドを配って識別したりしていますよね。または手に蛍光スタンプをしたりと、色々なやり方があると思います。

そこでこのLIST-ITです。非常に素早く装着できる上、事前にメモしておくことで様々な情報を添付することができます。席順やくじの番号などなど、更には色別によるグループ分けなどにも使えそうです。また、使い終わったらブチッと取れるので、後片付けもラクチンです

さらに防水「LIST-IT tough」なら、プールや川辺でのバーベキューなど、濡れそうな環境でも安心して使うことができます。防水性を獲得したことで、LIST-ITが使えるシーンは飛躍的に拡大したのです!

シーン3 単語帳としても使える!?英単語を書いて何枚も身につけてみた!

IMG_6874-s

ここからは、更に使用シーンを拡大してみました!特に学生さんに朗報です!

英語のテスト前では、あらゆる時間を使って英単語を覚えようと必死になった記憶、ございませんか?食事やトイレの時間などなど。。。でもお風呂ではなかなか難しいのが現実。
しかし!「LIST-IT tough」なら心配無用!なぜなら防水だから!

ということで、本当に防水性が機能するのか検証してみました。

まずは英単語やイディオムをたくさん書き込んで腕に巻きつけます。そしてそのままお風呂にGO!髪や体もガンガン洗うので、腕に巻いたLIST-ITにもガンガンお湯がかかりますが、湿る程度でふやけたり千切れたりすることはありません。想像以上の耐水性です。

そしてそのまま湯船にイン。筆者は肩まで湯船に浸かる派なのでガッツリLIST-ITも水没しますが、なんと全く形状が変化することなく、文字も識別可能です!

1 2次のページ
タウンワークマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。