ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

感性と向き合うツール『OmmWriter』

OmmWriter Dana II(以下OmmWriter)

それは“シンプル”かつ“スマート”なテキストエディター。ビジネスライクな高性能エディターとは対極ながら、ユーザーの“感性を支援する仕掛け”を備えた、著者が知る限り唯一無二のツールである。

既に多くのMacユーザーに認知されているツールながら、Windowsユーザーの認知度はまだまだ低いのが現状。今回は『OmmWriter』を知らない人のために、その魅力をお伝えしよう。

ストイックなまでの仕様

『OmmWriter』は文字装飾や段組みの融通は利かず、テンプレート利用や作成は不可、画像挿入は勿論、ページという概念すらない。当然、一般的なビジネス用途ではまるで使えない。

では何故そんな質素な『OmmWriter』が多くの人に支持されているのか?

その理由は“ただ書く“という行為に特化した潔いスタイルにある。煩わしい書式設定から解放され、ただただ“キーを打ち進める“というシンプルな行為に没頭できる。思考の邪魔になるものは極力排除していく。それが『OmmWriter』の基本理念のようだ。

没入感いざなう仕掛け

感性を必要とする創作物を書く際、精神的なコンディションが重要であるのは言うまでもない。外界からの意識干渉を調節するため、例えば人は窓や部屋の戸を閉めたり、コーヒーを飲んだり音楽を聴いたりする。集中のために完全なる静寂を望む人もいるが、リラックスのため、インスピレーションのため、多くの人は無意識に何かしらの助けを欲してしまう。

『OmmWriter』は、その欲求に応える“幾つかの仕掛け”を搭載している。気分によってBGMを選び流せたり、画面背景を変更したりと、テキストエディターには珍しい、視聴覚的な自由度を備えている所が大きな特徴である(自前のBGMや背景の使用は不可)。有りそうで今までなかったシンプルな仕掛け。いや、存在したのかもしれないが、人々の記憶に残っていないのは『OmmWriter』程のクオリティが実現できてなかったということだろう。

『OmmWriter』の緩やかでミニマムなBGMはまるで空気のようであり、執筆の妨げになることなくループする。選べる曲はどれも秀逸で、精神安定の効果やイマジネーションをブーストする役目を巧く果たしている。背景も万人に優しい淡い色調のものばかり。BGMと視聴覚リンクし、ユーザーは日常とは別の世界に心地よくいざなわれる。特にプライベートな日記や、詩や歌詞、創作物の原稿作成には比類無き相性と没入感が得られる。

OmmWriter Dana IIレビュー

ここでは『OmmWriter Dana II For Mac』の使用感を掲載する。

『OmmWriter』を起動させると、ヘッドホン使用を推奨される。無論、なくても問題はないが、ヘッドホン装着時に『OmmWriter』は最大限の力を発揮する。

シンプルな全画面レイアウト。様々な同時タスクを視界から消し、執筆だけに集中することができる。これにより有りがちな“ネット逃避”もある程度抑制できるだろう。

テキストエリアのレイヤーは伸縮や移動が可能(ただし右部は拡張限界有り)。設定アイコンはレイヤー右上に追従。レイヤー下部には文字カウンターを備える。

レイヤーの枠線と右部バーは、無作業状態が4秒程続くと消える。

『OmmWriter』にはページやセクションの概念がない。例えるなら、1枚の紙に文字を綴っていくイメージと言えばいいだろうか。文字数が多くなるとレイヤー枠内でスクロールする。この段階で画面右部のバーが機能する。

複数の書類を同時に開くことができないため、新規作成時や別書類を開くには作業中のものを一度保存する必要がある。“目の前の書類のみに集中させる”ための意図的な仕様ということだろう。

シンプルな設定項目

設定アイコンから、4種類のフォントとフォントサイズ、8種類の背景、7種類のBGM、7種類のキータイプ音からカスタマイズが可能。

フォントやフォントサイズは“常に全文に適用”される(ボールドやイタリック等の装飾手段は存在しない)。また一部のキータイプ音は非常にミニマムなため、BGMに隠れ聞き取ることができない事がある。その際はBGMとの組み合わせを考えたり、BGMをオフにする必要も。書類の保存/書き出しは独自ファイル(.omm)の他、TXT/PDF/RTFが使える。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。