体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

油あげ消費量日本一の福井県にある日本唯一の油あげレストラン『谷口屋』でいただく絶品おあげ

IMG_0617c_R

福井県のご当地グルメ

福井県を代表するご当地グルメと聞いて思い浮かべるのはソースカツ丼?それともおろしそば?いえいえ、消費量日本一を誇る『油あげ』の存在を忘れてもらっては困ります。

厚揚げと油あげの違い

どちらも豆腐を油で揚げたものですが、外側の表面だけを揚げたのが厚揚げで、こちらは豆腐の食感が大きく残っているのに対し、薄切りの豆腐を使用して内部まで揚がっているのが油あげです。

谷口屋のおあげとは

谷口屋は、大正14年創業の歴史を持つ福井県の高級豆腐の老舗です。自然に恵まれた越前・竹田村で創業以来90年、当時から変わらない伝統の製法で一枚一枚、心を込めた手作業を守り続けています。

味と大きさに誰もが驚く、代々受け継がれてきた唯一無二の油揚げ。
表面の皮はカリッと揚がっていて香ばしく、サクサク、カリカリとしたその食感はまるでクロワッサンのよう。じんわりとしみ出す、菜種油と大豆の何とも言えない旨味が口いっぱいに広がります。

美味しさの秘密は、質や産地にとことんこだわりぬいた材料や素材のみを使っているから。そして、伝統の技を受け継がれてきた熟練された「揚げ師」だけが一枚のあげにつき約1時間、揚がり具合を見ながら100回以上手作業でひっくり返しじっくりと揚げてるからです。

機械製造や他では決してまねできない伝統の「谷口屋の油あげ」をどうぞご賞味くださいませ。

谷口屋WEBサイトより引用

三代の永きに渡り守られてきた伝統、こだわりにこだわった素材、熟練した揚げ師が時間をかけて丁寧に手作業で作っているこの油あげは、他の油あげとは明らかに違うのです。

ということで今回は連休を利用して、油あげ消費量日本一という福井県の中でも日本唯一という油あげレストラン『谷口屋』へとやってきました。谷口屋の営業開始時間は10時半ということなので、早めの到着を目指しまして「昼ごはんにはちょっと早いかな~」と余裕の表情だったのですが、到着したのが10時40分くらいだったでしょうか。

IMG_0531b_R

「ええっ!?もうこんなに人がいる!!」

IMG_0559_R

車も既に多い……というか、前回来た時と比べて随分と雰囲気が変わっちゃってました。駐車場は広くなっているし、工場っぽい建物も新築されているじゃありませんか。そう、実は筆者がこの谷口屋に訪れたのは約2年ぶりで今回が3回目なのです。秘密のケンミンSHOWで紹介されたというのは前回訪れた時に知りましたが、谷口屋のWEBサイトを確認してみましたところ、それからも様々なメディアに紹介されているようなので、きっと全国的に有名になったということなのでしょうね。

では恐る恐るレストランへ足を踏み入れてみると……

20組待ち 約80分

ギャーーーッ!!
これがもし筆者の住む地元のお店であったならもう光の速度で諦めていますが、富山からわざわざ福井まで来てしまったのでここはもう覚悟を決めて並ぶしかありません。

しかし皆様ご安心下さい。前回来た時にはなかった素晴らしいシステムが新たに導入されていたのです。そのシステムとは……

自動受付発券機!!』

img1444618286215

しかも順番が来る8組前に自分の携帯電話への呼び出しもしてくれるという優れモノです。ラーメン屋の列に並ぶのも億劫でしょうがない筆者にとっては実にありがたいシステムです。

サクっと受付したので後は待つだけなのですが、何かしようにも周りには山しかないので必然的に直売店でお買い物に勤しんだり、スイーツなど嗜みつつテラスで愛について語り合ったりしながら優雅な一時を過ごすことが出来ます。

IMG_0572_R IMG_0548_R IMG_0551_R

80分待ちとのことでしたが、30分ほどで呼ばれました。
レストランの店内は小奇麗で手入れが行き届いていて、前回来た時となんら変わりはない様子です。

それでは何を注文するかですが、「今回こそ何か別なものを」というのがチラッと頭をよぎるのですが、筆者がこのお店に訪れるのは2年に一度あるかないかです。となると、やはりここは一番食べたいものを注文したいじゃないですか。ということで今回も谷口屋の名物『油あげ』と、福井のご当地グルメ『おろしそば』がセットになった『1枚おろしそば御膳』をいただくことにします。

IMG_0601_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。