体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミンチ肉はステーキになりうるのか!? ほぐされた食材をわざわざ元の形に成型し直す

f:id:naruse_e:20150924214902j:plain
左から時計回りに、イクラ、牛肉ミンチ、鮭のほぐし身、焼き鳥缶

 

世の中には、食べやすいようにほぐされた食材がある。

例えば、イクラは筋子の卵巣膜を取り除いて一粒ひと粒分けたものだし、挽肉は肉の塊をミンチしたものだ。

こうした“ほぐされ食材”は、ひと手間かけてわざわざほぐしているわけだが、それを元の形にしたら加工前と同じ味わいが再現できるのだろうか?

実験してみた。

 

焼き鳥缶の鶏肉を串に刺す

f:id:naruse_e:20150924214930j:plain
焼き鳥缶、塩味

 

まずは成型の超初級編。

つまみとしておなじみの焼き鳥缶である。

焼きたての焼き鳥はそりゃウマイが、保存のきく缶詰は、家で呑んでいてつまみがなくなったときなんかに重宝する。

合コンだと焼き鳥の盛り合わせを串からほぐした方が、周囲に女子力アピールできるのかもしれないが(行ったことないので完全にイメージ)、私は串から直に食べたいタイプだ。

……というわけで、串に刺していく。

貧乏性のばあちゃんが、焼き鳥の串を洗ってとっておいていたので、ありがたく使わせていただくことにした。

 

f:id:naruse_e:20150924215021j:plain
実家にあった串。「焼き印の種類っていろいろあるんだなー」と、妙なところで感心する

 

f:id:naruse_e:20150924215040j:plain
串に肉を刺していく

 

f:id:naruse_e:20150924215101j:plain
完成! 見た目はもう、完全に焼き鳥串だ(もも串の焼き印を選んだ)

 

食べてみると、肉がホロホロと崩れる。それと、味もちょっと濃い。

焼き鳥のもも肉はプリプリした食感だが、どちらかというと煮込み料理みたい。

缶詰から直接食べると気にならないかもしれないが、見た目が完全に焼き鳥なだけに少しちぐはぐに感じた。

 

牛肉のミンチをステーキにする

成型中級編は、牛100%の挽肉をステーキ化する。

ウィキペディアによると挽肉は“商品価値の低い屑肉が材料となることがある。”とのことなので、サーロインやフィレ、リブロースといったおなじみの部位とは違う味わいになるかもしれない。

「ミンチ肉を成型したらハンバーグになるでしょ」と言われかねないので、できるだけハンバーグっぽさをなすべく、つなぎなどは一切使わず、肉の粘り気を利用して成型する。

 

f:id:naruse_e:20150924215300j:plain
ミンチをよくこねる。十分に粘り気が出たら成型していく

 

f:id:naruse_e:20150924215333j:plain
ぶ厚いステーキをイメージして成型した肉。240gほどあった。塩コショウを振ってフライパンで焼いていくよ

 

f:id:naruse_e:20150924215350j:plain
完成! 焼き色はおいしそうだが、見た目はハンバーグだ

 

f:id:naruse_e:20150924215409j:plain
中は、レアな焼き上がり

 

ニンニクを効かせた醤油ベースのタレ(自家製)につけて食べてみると……

1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。