ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【おいしい裏ワザ】丸亀製麺お持ち帰り「天ぷら箱買い」は店内で食べるよりめちゃオトク

食の裏ワザ「丸亀製麺 天ぷら箱買い」

[この情報は2015年9月時点のものです。最新の情報は丸亀製麺さんのウェブサイトや各店舗でお確かめください]

丸亀製麺「天ぷら箱買い」は普通に店内で食べるよりオトクだった

丸亀製麺で、天ぷらだけお持ち帰りにできるということをご存知だろうか。

実はできるのである。

丸亀製麺にまたお邪魔したのである

丸亀製麺の天ぷらの中から、好きなものだけ選んで箱に詰めて持ち帰りでき、なんと、うまく組み合わせれば通常の店舗内で食べるより安く購入することもできる。

例えば野菜かきあげだけ5個詰め込んでもOK。野菜かきあげが大きくて、ひと箱に入りきれないので、2箱にわけて詰めたが、これで600円なのだ。

野菜かきあげ5個で600円

通常お店で食べる場合、野菜かき揚げは130円なので、お店で5個食べたら650円。お持ち帰りの方が50円オトクなのである。

かしわ天10個

かしわ天(130円)を10個詰めても1200円。

えび天10本

えび天(150円)10本でも1200円。えび天を普通にお店で10本食べたら1500円なわけで、お持ち帰りだと300円もオトクなのである。まぁ、お店で10本、えび天を平らげるツワモノはなかなかいないだろうけど。

好きなものをうまく組み合わせる

もちろん、さまざまなものを組み合わせて購入することもできる。ちょっと奥の深い「箱買い」。

今回の「食の裏ワザ」は、この丸亀製麺の天ぷら「箱買い」について詳しく研究してみることにする。

天ぷら「箱買い」初体験

丸亀製麺の天ぷらの衣は、うどんにのっけて食べることを想定してつくられているので、少し固め・厚めになっているそうだ。確かに天ぷらの衣が、カリッ・サクッとしているように感じるけど、このサクッという食感がクセになっている人も多いのではないだろうか。衣サクッ派にとっては、あれがたまらないのだ。

で、実はこの丸亀天ぷら、前述のとおり持ち帰る方法がオフィシャルに存在する。

その名も 天ぷら『箱買い』

丸亀製麺でセルフカウンターに並んでいる人の中に、紙の箱のようなものを持って、そこに天ぷらをつめている人がいるのを見たことあるだろうか。ライターふかみんは、家庭のありそうな女性が天ぷらだけ購入してるのをたまにみかける。箱に天ぷら詰めて、レジ通したらそのままさっそうとお店を出て行く女性。おそらく自宅では子供たちがお腹をすかせて待ってるんだろうなー、って感じ。

天ぷらコーナー斜め

ふかみんは、ちょいちょい見かけるこの「箱に天ぷらを入れてる人たち」が気になっていて、どうも天ぷらお持ち帰りができるっぽいな、というのはわかっていたのだが、やり方がよくわからなくて実際天ぷらをお持ち帰りしてみたことはなかった。だってよくわからないことやるのはちょっと勇気がいるし。

野菜かきあげ接写

まぁ、天ぷらをお持ち帰りするだけのことなので、やってみれば難しいことはないのだろうけど、セルフサービスの店舗の独特の緊張感というのがあって、なにか間違ったことをやってしまって、列の後ろの人に迷惑かけたらどうしよう、などなど考えてしまうわけです。もしくは、レジで「ちょっとこれ違いますよ」と言われないか…など、ドキドキしていろいろ考えてしまう。

しかしながら、どーも気になってしょうがない、というわけで、前回の創作天丼大会をサポートしてくれた丸亀製麺の広報の人に再び連絡とってみたところ、実際「箱買い」体験しながら取材させてもらえることになった。

お店で食べるよりお持ち帰りの方がお値段お得

ガジェ通編集部は新宿にあるのだが、編集部のすぐ隣のビルにある「丸亀製麺 新宿文化クイントビル店」で箱買い体験をさせてもらうということで、待ち合わせ時間に丸亀製麺さんへ向かう。今回はカメラマンに「杉並区の長田さん」、取材をわたくし「ふかみん」と女性ライター「しゃむちゃん」で担当。

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy