ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

極めて珍しいサイフォンで創る極みのラーメン / 本枯中華そば 魚雷

ramen0004

特選本枯そば
900円

極めて珍しい手法でダシをとっているラーメン屋がある。地下鉄の三田線春日駅から徒歩3分ほどの場所にある『本枯中華そば 魚雷』だ。ここはラーメンのダシを特殊な方法で抽出している。

・じわっと広がる極めて上品な魚介の旨味
コーヒーのように、サイフォンでダシを加熱。ダシから「旨味としてベストな状態」でエキスを抽出し、ラーメンのスープとしているのだ。単に珍しい演出だと思ってはいけない。スープを飲んだら最後、じわっと広がる極めて上品な魚介の旨味が広がる。

ramen0008 ramen0006 ramen0004 ramen0001

・濃厚なテイストが楽しめるよう計算
ラーメンは極めてシンプルに見えるが、その個性は唯一無二の存在。麺は蕎麦のように「ほどよいコシ」があり、箸であげるとスープに浮かぶ油膜から濃厚なエキスを身にまとう。

すっきりとした魚介の旨味とともに、濃厚なテイストが楽しめるよう計算されているのだ。

ramen0009 ramen0007 ramen0002 ramen0005 ramen0003

・新たな味わいを楽しむ
具のほとんどが別皿で提供されるのもいい。スープと麺が、具の存在によって味を変化させることなく堪能できる。半分ほど食べたら、ようやく具を丼に移して合流し、新たな味わいを楽しむ。

・奇抜さに負けないほど美味
演出としても楽しいサイフォンによる旨味抽出法。その奇抜さに負けないほどラーメンの美味しさも際立っている。このラーメンを作るには、サイフォンは必要不可欠なのだ。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/09/26/gyorai/

本枯中華そば 魚雷
住所: 東京都文京区小石川1-8-6 アルシオン文京小石川102
時間: 11:00~15:00 18:00~23:00
休日: 水曜日
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131004/13103739/

東京メインディッシュの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。