みんなはMSNメッセンジャー派? Skype派? 「俺はマイクロソフトのSkype!」

access_time create folderデジタル・IT
禁断買収

インスタントメッセンジャーサービスと言えば古くはミラビリス社の『ICQ』そしてAOL社の『AOL Instant Messenger』、またYahoo!が公開している『Yahoo! メッセンジャー』などがある。

中でも最もポピュラーなのは『MSNメッセンジャー(Windows Live メッセンジャー)』と『Skype』だろう。多くの人がMSNメッセンジャーとSkypeの2つのソフトウェアをインストールしており、両方の友達とコンタクト取れるようにしているという。ネット古参ユーザーはそれに加えて『ICQ』も同時起動する程度だ。『ICQ』といえば一時期メッセンジャーソフトウェアのシェア9割を占めていたソフト。しかしそのシェアも現在は『MSNメッセンジャー』と『Skype』の二強に奪われてしまった。

そんな二強のソフトウェアが1つになるかもしれないのだ。なんとマイクロソフトが『Skype』を買収するという情報が入ってきた。正式には発表されてないがロイターによると、10日にも発表があるのではないかという噂だ。

『MSNメッセンジャー』の互換ソフト『Windows メッセンジャー(※)』WindowsXPに標準で搭載されているソフト。それと同じ思惑があると見ればSkypeもWindowsに標準で搭載されるソフトになるのかもしれない。さらに2つのメッセンジャーソフトを統合することも考えられる。

ほかにも『Skype』はiPhone、Androidといったスマートフォンにもリリースしており、中でもauとは「禁断アプリ」として提携したばかりだ。そんな禁断アプリが禁断買収されてしまうとは……。

※本家『MSNメッセンジャー』とは異なり、とりあえずメッセージのやりとりができる程度のソフト。即削除して本家を入れるのが賢い。削除方法も多少面倒。企業向けとして搭載された。

ロイター

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT

ソル

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧