[PR]【作ってみた】ヤマザキ『ランチパック』で作る「楽してウマい!」オリジナルメニュー3選

access_time create folderグルメ
IMG_0691_f2

みんな大好き! ヤマザキ『ランチパック』。お総菜やデザートなど、様々な種類を取りそろえたサンドイッチタイプのパンです。

1984年の発売当初は4種類からスタートした『ランチパック』ですが、これまでに1000種類以上が発売されたそう!

そのまま食べて美味しいのは百も承知、今回は『ランチパック』にひと手間加えたオリジナルメニューを紹介してみたいと思います。

ランチパック アップルジャム&カスタード・バターシナモン

IMG_0668_f2

『ランチパック』の『アップルジャム&カスタード』にバターとシナモンで香りづけ。これだけでこんなに美味しくなるの? という一品です。

IMG_0640_f2

用意するもの
『ランチパック アップルジャム&カスタード』:1枚
バター:20グラム程度
グラニュー糖:小さじ2
シナモンパウダー:適量

IMG_0642_f2 IMG_0643_f2 IMG_0649_f2 IMG_0650_f2

まず、フライパンでバターを溶かします。焦げないように注意しましょう。溶け切ったころに『ランチパック』を投入します。焼き始めは表と裏、それぞれ均等にバターがしみこむように手早く返します。その後、焼き色が付くまでじっくり待ちましょう。

ちなみに、あらかじめオーブントースターで焼いておくとパリパリの食感が楽しめますよ。その場合はバターを絡ませる程度で大丈夫です。

IMG_0672_f2

焼きあがったら食べやすい大きさに切ってからお皿に盛りつけましょう。グラニュー糖とシナモンパウダーをふりかけて完成です。お好みで“追いバター”しちゃってください!

IMG_0659_f2

アップルジャムの酸味とカスタードのなめらかな甘さ、そこにバターの濃厚な風味とシナモンの香りが加わることで、超絶美味しいホットなスイーツへと変貌しますよ。素材の相性は抜群で、スタッフ試食では「お金が取れるレベル(笑)」という声が上がるほどでした。

ランチパック オニオンスープ

IMG_0704_f

とっても簡単だけど、寒い日の朝にピッタリのスタートアップメニューです。オニオンスープをコーンポタージュに変えても美味しいはず!

IMG_0621_f

用意するもの
『ランチパック ハム&チーズクリーム』:1枚
オニオンスープの素:1袋
黒コショウ:少々
(好みで粉チーズ、パセリなど)

IMG_0626_f IMG_0630_f IMG_0696_f

まず、オーブントースターで『ランチパック』をカリカリになるまでしっかりと焼き上げます。(この時に、とけるチーズを乗せて焼いておくと、後の楽しみが倍増します)

1 2次のページ
access_time create folderグルメ

オサダコウジ

慢性的に予備校生の出で立ち。 写真撮影、被写体(スチル・動画)、取材などできる限りなんでも体張る系。 アビリティ「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」 「寒い場所で耐える」「怖い場所で驚かされる」 好きなもの: 料理、昔ゲームの音、手作りアニメ、昭和、木の実、卵

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧