家電との連携を楽しむパナソニックのAndroid搭載メディアプレーヤー『SV-MV100』製品レビュー

access_time create folderデジタル・IT
家電との連携を楽しむパナソニックのAndroid搭載メディアプレーヤー『SV-MV100』製品レビュー

パナソニックが4月に発売したデジタルメディアプレーヤー『SV-MV100』。同社のブルーレイレコーダー『ディーガ』やパソコンから取り込んだ動画・音楽を持ち出して再生したり、ワンセグやFMラジオも利用できるメディアプレーヤーで、OSにはAndroid 2.1を搭載しています。Wi-Fiでインターネットに接続してウェブブラウザなどのアプリも利用できるというユニークな同製品をお借りして、スマートフォンとは一味違うAndroid端末の楽しさを体験してみました。

・スマートフォンライクな手のひらサイズ

ボタンのマークは横方向が正位置

3.5V型(854×480ドット)のタッチパネルディスプレーを搭載。手のひらサイズで、見た目はスマートフォンのようですが、よく見ると操作ボタンの「戻る」「ホーム」「メニュー」のマークが横方向に表示されており、横持ちで操作することが前提になっていることが分かります。

縦持ちにも対応

もちろん縦持ちにも対応し、画面の表示を縦方向に自動で切り替えが可能。

SDカードスロットを搭載

16GBの本体メモリーを搭載し、SDカードと組み合わせて容量をアップできます。microSDスロットを搭載するスマートフォンとは異なり、フルサイズのSD/SDHC/SDXCカードスロットを搭載するのが特徴です。ビデオカメラやデジタルカメラで撮影した動画や画像を、SDカード経由ですぐに再生することが可能。最大64GBのSDXCメモリーカードに対応します。

USB端子とヘッドホン端子

外部インタフェースは、ほかにUSB端子と3.5mmヘッドホン端子を搭載。

ヘッドホン端子にアンテナを接続

ヘッドホン端子は、ワンセグを視聴するアンテナの端子としても利用します。

・多彩なアプリが利用できる“多機能メディアプレーヤー”

ブラウザでウェブサイトを閲覧

『SV-MV100』に搭載された機能は、すべてプリインストールされたアプリとして動作します。Androidスマートフォンのユーザーには操作が親しみやすいですが、『SV-MV100』はスマートフォンではなく、Androidを搭載したメディアプレーヤー端末。インターネットにはWi-Fiで接続し、『Androidマーケット』からアプリをダウンロードすることはできません。発売時にはアプリマーケット『andronavi』によるアプリの提供が検討されていましたが、『andronavi』が6月にアプリマーケットサービスを提供終了することにより、残念ながらアプリの拡張性は失われました。

それでも、『SV-MV100』の魅力が失われることはありません。本体には21種類のアプリがプリインストールされ、本来の用途である動画や音楽ファイルの再生、ワンセグのほかにも様々な機能を利用できます。“インターネットに接続する多機能メディアプレーヤー”と位置づければ、『SV-MV100』の面白さが理解できるのではないでしょうか。

『YouTube』アプリを搭載

ブラウザによりウェブサイトを閲覧できるほか、『YouTube』アプリで動画を再生可能。FMラジオアプリに加えてサイマル放送『radiko.jp』アプリによるラジオ受信、ポッドキャスト、EメールやRSSリーダー、ブルーレイレコーダーの遠隔操作など、ネットにつながる強みを生かしたアプリが利用できます。

・ブルーレイレコーダーとの連携をチェック

ブルーレイレコーダーとの連携をチェック

無線LANに接続できることで、家電との連携も実現します。今回、ブルーレイレコーダー『ディーガ』との連携を見るために、『BZT-800』も同時にお借りしました。『SV-MV100』と連携可能なのは、パナソニックが『お部屋ジャンプリンク』と呼ぶDLNAに対応する下記の機種となっています。

1 2次のページ
access_time create folderデジタル・IT
shnskの記事一覧をみる

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧