ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラブコメ漫画『ヒロイン失格』実写映画化! 漫画家・幸田もも子先生インタビュー「利太と弘光は選べない」

メイン写真_re0517sm

9月19日(土)より公開となるラブコメ映画『ヒロイン失格』。こちらは「別冊マーガレット」にて連載、全10巻累計160万部を超える幸田もも子の同タイトルコミックス『ヒロイン失格』を、コミックが原作の大ファンだという桐谷美玲さん出演にて実写映画化された作品。

今回、原作者である漫画家『幸田もも子』先生にインタビュー。映画の感想や、意外なOtajo(オタ女)アイテムなど、楽しいお話を伺ってきました。

映画『ヒロイン失格』予告編(youtube)

動画URL:https://youtu.be/jq_JFKubuF8[リンク]

【ストーリー】
幼なじみの利太のことが大好きな女子高生、はとり。自分こそが利太と結ばれるヒロインと信じて疑わなかったのに、彼はイケてない地味な“六角精児似”の女の子と交際スタート。ラブストーリーのヒロインらしからぬ奪還作戦を企てながら悶々とするはとりの前に、学校イチの超絶イケメンの弘光がアプローチしてきて、まさかの三角関係に!クールな幼なじみか、学校一のモテ男か、はとりの本当のヒーローは、一体どっち!?

幸田もも子先生インタビュー! 究極の2択ラブ質問、利太か弘光、選ぶならどっち?

花火大会

――― 三角関係のラブストーリーがみどころの『ヒロイン失格』。「私が好きな人か? 私を好きな人か?」というキャッチコピーがありましたが、利太と弘光、どっち派ですか?

幸田もも子先生(以下、幸田先生):キャッチコピーに従っちゃうと、私は自分が好きな人をおっかけるタイプなんですけど、弘光か? 利太か? というと断然、弘光派です(笑)

――― 映画だと?
幸田先生:映画だと……。どっちだろう、選べないなぁ~(笑)。どっちかなぁ~。漫画だと確実に弘光派なんですが。

サブ2_re0517sm

――― イケメンに涙ポロリされたらヤバい(胸キュン)ですよね。

幸田先生:そうなんですよ~。映画は、本当に選べないです。逆に、ここまで、弘光びいきなのに、ここまで選べないように利太を演じてくださった山﨑賢人さんもすごいし、こんなに大好きな弘光をちゃんと演じきってくださった坂口健太郎さんも素晴らしい~!  映画ではどっちは1時間かかっても選べないです(笑) おふたりともカッコよかったです。

サブ1re0517

幸田先生おすすめ胸キュンポイントはここ!

胸キュン花火

――― 映画でお勧めのラブシーンは?

幸田先生:利太が花火大会でなぐるはとりの手をパシッととめるところ、雨の中で、はとりを弘光が探しにきてくれるところ、利太が泣くところも良かったですね、キュンキュンしてました。

胸キュン雪の中

個性的なキャラクター満載! 幸田先生は誰に似てる?

――― 漫画『ヒロイン失格』を描いていて、特に思い入れのあるキャラクターは?
幸田先生:中島ですかね? 中島は描いてて楽しかったです。ツッコミ要員が漫画にいてくれると、ラクなんです。はとりがあまりにもバカだから、それをツッコんでくれる要員として、楽しんで描いてたらけっこう人気で。

Black

――― (主人公はとりの)親友ですもんね。

幸田先生:私も親友のほうがドライな感じなので、私といるとみんな中島になります。

――― ご自身に近いキャラクターは?

リア充ばく

幸田先生:はとりですかね。「ぐぉぉぉ」ってなっちゃうんで。

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき