ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【節電アイデア】待機電流をオフしたときの節電量がわかるアプリ『節電大作戦』

WATER-BLUE iPhoneアプリ『節電大作戦』

節電が大切なのはわかっているけど、忙しい毎日のなかで電気の使用量に気をつけるのは意外とムズカシイ……しかも、効果が目に見えないと継続しづらくなってしまいますよね。WATER-BLUEの『節電大作戦』は、忘れがちな待機電流のチェックをするとともに、節電した時間から節電量を自動で計算。単価を設定すると節約できた電気料金まで表示してくれる、節電をバックアップしてくれる『iPhone』アプリです。

WATER-BLUE iPhoneアプリ『節電大作戦』

パソコン、テレビやオーディオ、給湯器、電子レンジ、洗濯機、エアコンなどなど、コンセントに接続している家電製品は、電源を切っている“待機状態”でも電力を消費しています。日本の一般家庭で消費する待機電力は平均約285kWh/年で、年間電力消費量の6%に相当する(※)とも言われており、節電を行う際の大きなチェックポイントになります。
※(財)省エネルギーセンター待機時消費電力調査報告書(平成20年度)より。

WATER-BLUE iPhoneアプリ『節電大作戦』

待機電流をカットするためには、家電製品のコンセントを抜くことが基本です。『節電大作戦』は、待機電力を消費する家電製品のコンセントを抜いて、「待機電力」画面のチェックを「オフ」にすると節電効果(ワット数・金額)を自動で計算。各項目の総節電量のレポートを作成してくれるアプリです。また、都道府県、市町村ごとの節電量をチェックすると、『節電大作戦』ユーザーの節電量も集計してくれます。

WATER-BLUE iPhoneアプリ『節電大作戦』

出かける前にコンセントを抜くという習慣は、身につくまではついつい忘れがちですが、「効果が目に見えてわかる」「電気代が安くなる」など、ちょとした楽しみがあればモチベーションをキープできそう。4月末までは無料ダウンロードを実施していますので、この機会に節電習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。コンセントを抜く時には、主電源をオフしてから抜くようにご注意を!
 
 

■関連記事
暖房1℃下げると10%の節電 蓮舫大臣が家電製品の省エネ効果試算を発表
マイクロソフトが教えてくれた「停電時のPC対策」
非常時に役立つアイデア「単3電池から単1電池を作る方法」
究極のリラクゼーション!? お坊さんがプロデュースした坐禅アプリ『雲堂(undo)』
超人気アプリ『つみネコ』がリアルに積めるフィギュアになって登場!

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy