ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Adobe CS5.5】Android/iPhone向け開発に機能を強化した『Flash Professional』と『Flash Builder』

【Adobe CS5.5】Android/iPhone向け開発に機能を強化した『Flash Professional』と『Flash Builder』

アドビ システムズが本日発表したデザイン・開発向けソフトウェア製品群『Creative Suite 5.5』(以下『CS5.5』)。この記事ではFlash Playerやアプリケーション実行環境『AIR』といったFlashプラットフォームの開発環境に関するトピックをまとめてお伝えします。

Flashコンテンツのオーサリングツール『Flash Professional』と、Flashコンテンツのコード開発者向けオーサリングツール『Flash Builder』は、いずれもAndroidスマートフォンやタブレット、『iPhone』や『iPad』といった複数のデバイスに向けたコンテンツ制作や開発をサポートする機能を強化。アドビが開催した製品内覧会のデモでは、これら機能を中心に、従来ユーザーにとっても使い勝手を向上している機能を織り交ぜて紹介していました。

・マルチスクリーンへの展開が容易になる『Flash Professional』

モバイルデバイス用のテンプレートを利用可能

アドビは同じFlashコンテンツを調整して、複数のOSやスクリーンサイズのデバイスへ展開していくマルチスクリーンへの対応を重視しています。制作したコンテンツをswf形式で書き出せば各デバイスのブラウザで動作するウェブコンテンツ、AIR形式で書き出せば各デバイス用のアプリに展開が可能。『Flash Professional CS5.5』では、『CS5』で追加された『iPhone』『iPad』向け『AIR for iOS』の書き出し機能に加えて、Androidスマートフォンやタブレット向け『AIR for Android』の書き出し機能を標準で搭載しました。「新規作成」のメニューでは、「AIR for iOS」「AIR for Android」のテンプレートが最初から選択できるようになっています。

ソースファイルの編集画面

デモでは、『iPhone』用に制作したコンテンツを7インチのAndroidタブレット『Galaxy Tab』用に改変する、という作業を通して新機能を紹介。パソコン向けコンテンツを制作するユーザーにも役立つ機能を含め、新機能として次のものを案内しています。

(1)共有アセット管理
(2)スクリーンサイズに合わせた拡大/縮小
(3)自動保存
(4)ビットマップ書き出し
(5)コードスニペットの強化
(6)レイヤのコピー

(1)共有アセット管理

共有アセットを管理する「AuthortimeShareedAssets.fla」が自動生成される

『Flash Professional』のプロジェクトファイルは、ターゲットにするOSとスクリーンサイズに合わせた複数のflaファイルを管理できるようになりました。『iPhone』用のファイルをコピーして『Galaxy Tab』用のファイルにリネームすると、共有アセットを管理するファイル「AuthortimeShareedAssets.fla」が自動生成されます。

同じコンテンツで複数のスクリーンサイズに合わせたファイルが存在する場合、どれか1ファイルに変更を加えた際、ほかのコンテンツにも変更が必要になるのが煩雑。こういう場合に、共有アセットを管理するファイルが役立ちます。デモでは青空だった背景を夕焼けに差し替える作業を実演しました。まず背景のライブラリを「共有アセット」としてチェック。これにより、先ほど自動生成したファイル「AuthortimeShareedAssets.fla」にライブラリが組み込まれます。この後、背景のライブラリについて色を変更すると、ほかのスクリーンサイズのファイルにも変更が反映されるという仕組み。

(2)スクリーンサイズに合わせた拡大/縮小

ドキュメント設定画面では、「スクリーンサイズに合わせて拡大/縮小」のオプションと「自動保存」のチェックボックスが追加

『iPhone』用コンテンツはスクリーンサイズが320×480で設定されているので、『Galaxy Tab』用に600×1024に直す必要があります。『CS5.5』では、ドキュメント設定でスクリーンサイズを変更し、「コンテンツをステージに合わせて拡大/縮小」にチェックを入れると、ベクターで描画するオブジェクトや背景を変更後のステージサイズに修正可能に。

(3)自動保存
ドキュメント設定には「自動保存」のチェックボックスが追加され、作業中に『Flash Professional』が落ちた場合でも保存された状態に戻って作業を再開できます。

(4)ビットマップ書き出し

画像ファイルをビットマップ化

モバイルデバイス向けに追加された機能として、画像ファイルのビットマップ化が追加されています。ベクター画像をスマートフォンやタブレットでリアルタイムにレンダリングすると、CPU負荷や電力消費が問題になります。そこで、ベクター画像を選んで「ビットマップに変換」を適用すると、画像をビットマップで保存可能。ビットマップで保存すると、その後より大きなスクリーンサイズ用に拡大した場合に画像が粗くなってしまうため、ソースファイルはベクター画像として持っておき、swfファイルやAIRファイルに書き出すときだけビットマップ化したいこともあるはず。その場合は、レンダリングオプションで「ビットマップとして書き出し」を選ぶと書き出すときにビットマップ化してくれます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。