ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

独立リーグの野球もなかなかアツいぞ! はじめてのBCリーグ観戦レポート

01_IMGP4908

大いに盛り上がった夏の甲子園も終わり、注目された選手たちは誰がどのチームからドラフト指名されるのか気になるところですが、プロ野球選手になれるのはごく一部の選手だけ。

昔であれば、指名に漏れた選手は大学や社会人チーム、クラブチームなどで野球を続けるという流れになりましたが、近年では日本でも野球の独立リーグが多く設立され、プロ入りの夢を諦められない選手たちが頑張っています。

このたび、そんな独立リーグのひとつである「BCリーグ」の試合を初めて観戦することができたのですが、新鮮なことも多く、なかなかおもしろい経験ができたので、今回はそのレポートをさせていただきます!

なにげに有名選手が多いのがBCリーグ!

screenshot

BCリーグは2006年に設立された独立リーグなのですが、近年は有名な元プロ野球選手が監督やコーチを務めたり、選手として活躍したりもしていて、非常に注目を集めているリーグなのです。

今年は、かつてメジャーリーグや千葉ロッテマリーンズでも活躍した伝説の選手、フリオ・フランコ56歳(!)にして選手兼任で監督に就任したり、日本で464本塁打を放ち2009年限りで引退していたタフィ・ローズが46歳にして現役復帰するなど、プロ野球ファンにはたまらない面々が顔を揃えているのです!

この日の試合は武蔵ヒートベアーズと石川ミリオンスターズの対戦なので、フリオ・フランコの勇姿を拝むことができます!

さっそく球場へGO!

02_IMGP4830

試合の会場となったのは熊谷運動公園野球場。
高校野球の予選などで使われてそうな、「ザ・地方球場」といった感じの外観がたまりません。

03_IMGP4822

球場の外周にはいくつか飲食店が出店されていました。
埼玉や越谷のご当地B級グルメの店があったり、石窯を使った本格ピザの店があったり、バラエティー豊かな感じです。

04_IMGP4847

なぜかお菓子のアウトレット商品が売られていたのもローカルな感じがしていいなあと思いました。

05_IMGP4834

ホームチーム「武蔵ヒートベアーズ」のグッズもたくさん売られていました。
レプリカユニフォームなども売られていましたが、価格は15000円…高い!
さすがにこの値段ではコアなファンしか買わないかと思います。

たくさんの人に着てもらいたい!
でも単価を下げたくてもたくさん売れないと下げようがない!

というジレンマを感じます。

06_IMGP4832

そしていよいよ入場券を購入します。
座席は全席自由席で、価格は大人1300円、子ども500円。
熊谷市民の割引なんてのもあるみたいですね。

07_IMGP4854

入口で入場チケットを渡すと、武蔵ヒートベアーズのマスコットがプリントされたお菓子をいただきました。
これ、結構おいしかったです。

07_IMGP4835

そしてスタンドに入ると、選手たちが練習をやっていました。
なかなかいい感じの球場ですね!

有名選手や監督・コーチを発見!

練習をしている選手たちをよく見てみると、元プロ野球選手たちがちらほらと確認できます。

08_IMGP4871

まず、武蔵ヒートベアーズの監督を務めているのは千葉ロッテや阪神で活躍した小林宏之です。
抜群のスタイルは相変わらず。
髪の毛は茶色いし、監督っぽさがまったくありませんが、カッコイイです!

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。