ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

金子 渚(DISCO nail)インタビュー

disco

渋谷・神南の一角に位置するDISCO nailは、日本はもちろん世界各国のファッショニスタが訪れるネイルサロンだ。無限の想像力と繊細な筆致、独特の色合いから生み出されるオーナー金子 渚の作品は、光や周囲の景色も巻き込んで表情を変え、飽きることがない。ネイルという小さなキャンバスをまさにアートに仕立ててくれる稀代のネイリストである。ファッション界にネイルアートを浸透させ、日本におけるネイルカルチャーの流れを変えたと言っても過言ではない彼女に、ネイリストになるまでの過程からクリエイティヴの源までを聞いた。

 

──渚さんは元々すごくファッションが好きで、それがネイリストになるきっかけにもなっているそうですね。

金子「はい。ファッションが好きで、絵が好きで、それをネイルに描いたり落とし込んでいたりしていたのがスタートです。学生時代はバリバリのバスケ部だったんですけど、家では朝6時くらいまでテキスタイルを描いてました」

──テキスタイルを好きになったのは幼少時代に着ていた服の影響がありますか。

金子「母親が柄物の服が好きで、小さい頃からそういう服ばかり着ていたのでその影響は大きいと思います。それで自然と服が好きになったし、テキスタイルも好きになりました。あと、昔から造形物が好きで、(向いのビルを指差しながら)例えばあそこに見えるアーチ型の窓枠とかそういうものも見て描いたりしてましたね」

──絵を描き出したのはいつ頃から?

金子「中学生くらいです。ネイルをやり始めたのも同時期で、チップに絵柄を描いたりしてました」

──すごいなあ。まだチップも出始めたばかりの頃ですよね。

金子「そうですね。プラザで売ってたチップに、画材屋で買ったガッシュ(水彩絵具の一種)で描くのが趣味になって。昔から小さいものが好きで、ビーズでアニマルを作るとか、そういうことをやってたんです。編み物や刺繍も好きで、そういうものから始まった感じがしています」

 

Processed with VSCOcam with c6 preset Processed with VSCOcam with c9 preset

 

Processed with VSCOcam with c1 preset Processed with VSCOcam with c1 preset

──最初は遊びみたいな感覚だった?

金子「そう、遊びでした。決定的だったのは、兄のお嫁さんと出会ったこと。高校1年の時に会ったんですが、彼女がネイリストだったんです。スカプルが流行っていたから、『こういうスタイルもあるんだ!』って知って、また影響されて、ネイリストの道しかないと早々に決めました。それで大学受験もせず、NSJという学校に進んで基礎を学んで、卒業後はサロンで働きました」

──そのサロンでアートもやるようになったんですか。

金子「最初のサロンはコンサバだったのであまりアートはやってないんです。でもその次に働いていたサロンがギャルのお客さんがたくさん来るところだったんですね。ギャルってオーダーがすごいんです(笑)。発想もすごいし、技術がすごく必要なオーダーをしてくるから鍛えられました」

——例えばどんなオーダーなんですか。

金子「エアブラシで花を描いてとか、3Dのオーダーもあって(笑)。アクリルで昇り龍を作ってくれというオーダーが一番難しかったかな。すごく長いスカルプの全部に3Dで昇り龍を描いてほしいと言われて、『1か月お時間をください』って必死で練習しました(笑)。DISCOは他のサロンより施術のスピードが速いんですけど、それもギャルたちのおかげです」

──そこで自分のお客さんができて独立したんですね。

金子「はい。勤めていたサロンの100m先くらいに自分のサロン出したんですが、前のサロンの社長もお客さんを連れてっていいよって言ってくれて円満退職でした。店長だったから社長とも仲が良くて、『売り上げを上げていくから、2年後に辞める時は協力してほしい』って交渉してたんですよ」

──売り上げ達成して独立というそのステップの踏み方は素晴らしいし、渚さんの人間性が表れていますよね。ネイルの技術自体についてですが、チップからスカルプ、今ではジェルと進化を遂げています。それによって何か変わったことは?

金子「ジェルになって、一般にネイルが定着したと思います。スカルプは、アメリカではもっとカジュアルなものだったんですけど、日本ではギなぜかャル発信の文化として捉えられていたので一般の方には壁があったのかもしれません。あと、スカルプは1か月ももたないのに両手で4万円くらいかかる、かつ1か月に1回は伸びたところをリペアしなくてはいけなかった。ジェルより重みがあるんですが、浮きやすいのでカビやすかったり、重さでゆるくなったり、そういうデメリットも多かったんです。それがジェルになって、長さを出さなくてもできるようになり、価格や衛生面も改善されたことで劇的な広がりが出たと思います。ファッション系の子に向けたネイルがなかったから、そこになんとかうまく落としこみたいと思ってDISCOを作ったんですが、それで文化が変わったこともネイルアートが流行した一因になっているかもしれません」

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy