ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

村上春樹『ノルウェイの森』に出てくるあのウイスキーの美味しい飲み方

村上春樹『ノルウェイの森』に出てくるあのウイスキーの美味しい飲み方

 1987年に発表された、村上春樹さんによる小説『ノルウェイの森』。この小説のなかには、主人公がウイスキーを飲むシーンが度々描写されています。たとえば、主人公が友人の家を訪れる場面では、以下のように。

「彼は一度僕を自分のアパートに招待してくれた。井の頭公園の裏手にあるちょっと不思議なつくりの平屋だてのアパートで、部屋の中は画材やキャンバスでいっぱいだった。(中略)我々は彼が父親のところから黙って持ってきたシーバス・リーガルを飲み、七輪でししゃもを焼いて食べ、ロベール・カサドゥシュの弾くモーツァルトのピアノ・コンチェルトを聴いた。(中略)僕らは氷を入れずストレートでシーバスを飲み、ししゃもがなくなってしまうと、キウリとセロリを細長く切って味噌をつけてかじった。(中略)僕らは井の頭公園の林の上に浮かんだ三日月を眺め、シーバス・リーガルを最後の一滴まで飲んだ。美味い酒だった」

 この一節において、主人公とその友人が飲んだシーバス・リーガルですが、どういったウイスキーかご存知でしょうか。

 本書『厳選ウイスキー&シングルモルト手帖』では、世界の五大ウイスキー産地であるスコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、そして日本で生まれたさまざまなウイスキー230本を紹介。それぞれがどのような歴史をもつ、どういったお酒なのか、その味と共に解説がなされていきます。

 本書によると、シーバス・リーガルは、隙のないパーフェクトなおいしさなのだといいます。

「オレンジピール、ドライフルーツのアプリコット、バニラなどのアロマが心地いい。口に含むとマーマレード、ビターチョコレート、かすかな煙。ぜひストレートで楽しみたい」(本書より9

 あるいは、シーバス・リーガルの香りをより楽しみたい場合には、ウイスキーと水を1対1の割合で合わせたトワイスアップ、食事と合わせたければウイスキーとソーダを1対3の割合で合わせたハイボールもオススメだといいます。

 またトワイスアップの場合は、テイスティンググラスなどの脚付きのグラスで、ハイボールの場合はグラス、ウイスキー、ソーダはあらかじめ冷やしておくと良いそう。

 さらにシーガル・リーバスのみならず、ウイスキーはアルコールの濃度調節や飲む温度が自由なため、さまざまな食事とも合うのだといいます。中国料理にはブレンデッド(複数の原酒を組み合わせて完成させたもの)の水割りやお湯割り、エスニック料理にはバーボンやアイリッシュのソーダ割り、日本料理にはブレンデッドのロックか水割り、天ぷらや魚の焼き物にはソーダ割りが合うそうです。

 本書を参考にお気に入りのウイスキーを見つけ、さまざまな飲み方を楽しんでみてはいかがでしょうか。

■関連記事

秋葉原にカフェも!! 「精進料理界のサラブレッド」が考案したレシピとは
「横丁」が人々を惹きつける理由とは?
ティラミス、エクレア……その名前の由来とは?

BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。