ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【釣り好き必見】世界初!探知機搭載ドローンで漁獲量アップを

Aguadrone

ニュースでたびたび報道されるなど、最近何かと話題を呼んでいるドローン。

・世界初、ソナー搭載の飛行ドローン

空中撮影や、スポーツシーンでの撮影などに用いられているが、今回紹介する「Aguadrone」は、世界初のソナー(水中音波探知装置)搭載、ウォータープルーフのドローンである。

釣り人や漁船が、魚を見つけ出してより効果的に釣果をあげたり、漁船の無駄な燃料消費を減らすことに役立ってくれそうだ。

開発しているのは、サンディエゴにベースを置くDaniel Marion氏を中心とするチーム。Marion氏自身、51年に渡って釣りをしてきた経験者である。

・3つの主な機能

Aguadrone2

この「Aguadrone」には、主に3つの機能がある。

1つめは“Line Flier pod”で、えさやルアーを装着した釣り糸を運ぶためのもの。

思った通りの場所に釣り糸を投げることはなかなか難しいが、ドローンを操作すれば簡単。

・専用アプリも用意

そして残りが“Fish Scout pod”と“Camera Pod”だ。水中の魚影をキャッチし、専用アプリに画像を送ってくれる。

Aguadrone3

このソナーには、よく漁船に搭載されているのと同じような技術が使われている。

ウォータープルーフでワイヤレス操作が可能な点や、小さな船でも使える点などが大きなアドバンテージだろう。

ちなみに、ポッド部分はスクリューで取り付け&取り外しができ、用途に応じて、それぞれ別のポッドに交換が可能。

・最大97mまで遠隔操作できる

飛行ドローンは、水面に着水したり、再び飛び上がったりもラクラク。Wi-Fi接続可能で、およそ97メートルほどの距離まで遠隔操作ができるという。

・Kickstarterでキャンペーンを開催中

現在、資金調達プラットフォームKickstarterで7月17日までキャンペーンを開催中の「Aguadrone」。釣り好きなら、お早めにチェックを。

Aguadrone

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy