体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1泊2食付き7000円の激安温泉旅館に泊まってきた

IMG_20150607_082337

栃木県日光市の鬼怒川(きぬがわ)温泉といえば、全国に知られた有名な温泉地ですね。
そこの温泉旅館に一人1泊2食付き7090円(1人1泊宿泊時、消費税・入湯税込)という激安料金で泊まれると聞いて、早速泊まってきました。
ネット上の口コミでは高い評価と低い評価と賛否両論ですが、私は「この値段なら最高にいいな」という評価です。

立派な温泉旅館で部屋も広く、温泉もとってもいいぞ!

北千住駅から快速電車に乗って2時間ほど、東武鉄道鬼怒川線鬼怒川温泉駅に着きます。意外と近いんですね…
駅から大体10分程度歩くと、その温泉旅館「ホテルニューおおるり」が見えてきます。
人気があるので事前に公式webから予約したほうがいいと思います。
約600人が収容できる大きな建物です。行ってみて驚きましたが、大学のサークルと思われる若い人たちも
結構来ていました。老人客が多いイメージがあったのだが…

部屋はこんな感じ。8畳あります。一部屋ちゃんと取れるんです。この値段で…
設備は若干古い感じを受けますが、バストイレ付きですし、部屋も清潔です。
テレビは地上波だけ見れます。必要十分。

IMG_20150606_152232

部屋からは鬼怒川の絶景が見られます。正面の岩は「楯岩」(たていわ)という鬼怒川の名所です。

IMG_20150607_082102

宿に着いて部屋でチェックインした後、すぐ温泉に入ってきました。広い大浴場で気持ちよかったなー。
この宿は 新源泉「瑠璃の湯」を持っているので、弱アルカリ性単純泉のお湯があふれんばかりです。
宿のwebページ(http://www.ohruri.com/hotspring/)によると1分間に124リットルも湧いてくるとか…
お湯の質もサイコーで、お肌もつるつるになる感じです。

鬼怒川温泉

料理も意外と美味しい!

料理はバイキングですが、ちゃんとホテルシェフの方が作ってくれます。器はこの値段だからしょうが無いですね。
きのこご飯、湯葉と青菜の和物、イカのバジルソースです。天ぷらは揚げたてです。

IMG_20150606_180704

この値段にしてはちょっと一手間かけた料理が出てくる感じで、味も美味しいです。
ぶり大根、肉団子、きのこグラタン。グラタンがおいしかったですね。おかわりをしてしまいました。

IMG_20150606_181523

野菜の玉子焼きとマグロのカルパッチョ。玉子焼きも美味しくて、これも思わずおかわり。バイキングだとこういうところがありがたいですね。

IMG_20150606_182143
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。