ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

肌の上で直接ウェアラブル・デバイスをデザイン!衝撃の3Dモデリングツール登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

眼鏡やウォッチ、リング…。さまざまなウェアラブルがリリースされる中でも、これは衝撃的。

なにしろ、自分の皮膚に、直接ウェアラブルをデザインするというのだから、驚かずにはいられない。

アメリカのデザイン集団MADLABが発表したのは、「TACTUM」という、人体に直接3D印刷用ウェアラブルを設計する、モデリングツール。

プロジェクションマッピングを用いて、デザインのベースとなるジオメトリックを腕に映写。ユーザーの直感的なジェスチャーを元に、立体的なデザインを形成していく。

・指先1つで簡単にデザイン

映写されたジオメトリックは、Leapコントローラーによって、ユーザーの指1本で簡単に動く。

軽く触れたり、こするだけで、多彩に変化するから面白い。さながら、砂上にできた風紋のようだ。

出来上がったデザインは、ジオメトリ処理され、3次元データ化。

あとは3Dプリンターでプリントアウトすれば、自分の腕のサイズに、ぴったり合ったウェアラブルが、完成するというわけだ。

・フィット感も位置も文句なし

「TACTUM」の精度はかなり高いらしく、試しにスマートウォッチのリストバンドを製作したところ、腕周りのフィット感から、時計部分のはめ込み位置まで、寸分の狂いなく設計したと、レポートされている。

ウェアラブルオートクチュールを可能にした、この技術。

ジュエリーやオブジェなど、多様な分野での活用が、期待できそうだ。

TACTUM SKIN-CENTRIC DESIGN

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP