ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

立体データをそのまま計測!便利な3Dハンディスキャナーが発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
XYZprinting

3Dスキャナーは近年、小型化と低価格化が進んでいる。

そんななか台湾のプリンターメーカー「XYZprinting」が来春投入するのが、ハンディタイプ。

10センチ四方のものから2メートル四方のものまで、立体的なデータを手に持ったスキャナーで計測できるというものだ。しかも299ドルとかなりお手頃な価格を予定している。

・置き場所をとらない!

ハンディ3Dスキャナーの大きさは4.1×6.1×15.7センチで、重さはわずか433グラム。

ハンディになったことのメリットとして、従来のスキャナーではとらえられなかった大きさのもののデータ計測が可能になることが第一に挙げられるだろう。

また、かなり小型なので、据え置き型スキャナーに比べ場所をとらないというのも個人ユーザーには嬉しい。

・高度な深度センサーで計測

気になる性能だが、高度な深度センサーを備えたIntelのRealSense 3Dカメラを搭載し、誤差は1ミリ以下という。また、奥行き画像サイズは640×480、カラー画像サイズは1080pとなっている。

これらのセールスポイントに加え、予定小売価格が299ドルというのも画期的。ものづくりをする人にとって強い味方となりそうだ。

XYZprinting

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。