ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「HTC One E9」は台湾にも投入されるという噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC が中国向けに発表した「HTC One E9」が、台湾にも投入されるという噂を、台湾の WEB サイト ePrice が報じています。HTC One E9 は昨年発売された「HTC One E8」の後継で、既に中国や香港、台湾で発売されている WQHD ディプレイなどを搭載した「HTC One E9+」の下位モデルです。筐体サイズや 5.5 インチディスプレイは、HTC One E9+ 同じとなっています。HTC One E9 は、1,920 × 1,080 ピクセルの Full HD 解像度 ディスプレイ、MediaTek 製 MT6795 2.0GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM、背面に 1,300 万画素カメラ搭載と、2,560 × 1,440 ピクセル WQHD 解像度ディスプレイ、MediaTek 製 MT6795M 2.0GHz オクタコアプロセッサ、3GB RAM、背面に 2,000 万画素カメラを搭載する HTC One M9+ よりもスペックは控えめ。HTC One E9+ はフラッグシップの HTC One M9 や HTC One M9+ と比べ、$100 ~ $200 程度安く販売されていることが特徴です。HTC One E9 の台湾での価格は今のところ不明ですが、中国では 2,499 人民元(約 47,000 円)で販売されているため、台湾でもその程度となると予想されています。HTC One E9 は更にデュアル SIM 対応となっているのですが、大型のディスプレイを搭載するデュアル SIM 端末は特にアジア地域での人気が高く、更に HTC One E9 は比較的安価なモデルとなると、台湾での期待が高まっています。Source : ePrice


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC、英国のスーパーモデルJourdan Dunnとのコラボ製品「HTC Ink M9 Limited Edition」を公開
Android向け「Inbox boy Gmail」がv1.9にアップデート、メール作成とリマインダーのショートカットが追加
KDDI、Xperia Z4 SOV31のソフトウェアアップデートを開始、シンクコールや音量調節機能の問題を修正

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP