ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android向けChrome Dev 45の最新版がOSネイティブの共有機能に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在 Dev チャンネルで公開中の Android 版「Chrome 45」の最新バージョン 45.0.2427.6 が Android ネイティブの共有機能に対応しました。WEB ページを他のアプリと共有する際には 3 ドットメニューの「共有」を利用します。この共有メニューはこれまでは独自スタイルだったのですが、Android 5.1 以上の場合に OS ネイティブの共有メニューが表示されるようになりました。共有メニューの中身は以前と変わりありませんが、Android M の場合はグリッド型のアイコンで表示されるので、メニューを上にスライドさせなくても選択できるアプリの数が増えます。Source : Reddit


(juggly.cn)記事関連リンク
OPPO、「OPPO Find 7 / 7a」向けAndroid 5.1ベースのAOSP ROM v1.1を公開
Google PlayストアでGoogle PlayブックスとFacebookメッセンジャーのダウンロード数が10臆回の大台を突破
Google、検索で自動的に最寄りの名称に変換するGoogle Now新機能「Location Aware Search」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP