ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新チャート“Hot Albums” 第2回はMr.Children『REFLECTION』が人気の高さを見せつけ1位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先週からスタートした新しいチャート“Hot Albums”。このチャートは、アルバムの“CDセールス”“デジタル・ダウンロード”“ルックアップ回数”の3指標を合算して作られる国内初のアルバム複合チャートだ。

 第2回発表のチャートでは、6月4日リリースのMr.Children『REFLECTION』が2位以下を大きく引き離し1位となった。『REFLECTION』は、全23曲収録の『{Naked}』とそこから厳選した14曲を収録した『{Drip}』の2形態でリリースされた。セールスで圧倒的なポイントの1位とルックアップ回数がトップとなり見事総合1位の座を射止めた。

 2位には、先週1位のSuperfly『WHITE』。セールス2位、ダウンロード2位、ルックアップ8位と高ポイントを積み重ね、今週もTOP3をキープした。3位には、6月3日リリースのDef Tech、2年ぶりのオリジナルアルバム『Howzit!?』が入った。『Howzit!?』はダウンロード部門では1位となっており、デジタル世代の人気の高さがわかる。セールスで3位にチャートインしたクリス・ハート『Heart Song III』は総合4位。ダウントードとルックアップが伸び悩みTOP3入りを逃した。先週2位のμ’s『μ’s Best Album Best Live! Collection II』は、3部門でバランス良くポイントを稼ぎ総合5位となっている。

関連記事リンク(外部サイト)

6月15日付 Billboard JAPAN HOT Albums
セールスで大差、関ジャニ∞がビルボード総合Hot100首位獲得
五嶋龍の2年半振りニュー・アルバムが第1位 クロイツェル、フランクのソナタ等収録

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP