ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シーザーサラダのシーザーは、ローマの将軍のことではない

DATE:
  • ガジェット通信を≫


レストランなどでよく見かけるメニューのシーザーサラダ。みなさんは、シーザーサラダのシーザーは何のことか、ご存知だろうか?ローマの将軍だったジュリアス・シーザーのシーザーと思った人もいるかもしれないが、実は違うようだ。
2007年12月1日の朝日新聞によると、メキシコのレストランの店主の名前とのこと。

シーザーサラダといえば、半結球のこのレタス。そのサラダの由来をご存じだろうか。ジュリアス・シーザーが食べていたから?ハサミ(シザース)で野菜を切るから? いや、実はこうだ。
1924年、禁酒法時代のアメリカ。国境を越えたメキシコの町ティフアナのレストランに、ハリウッドから客が大挙押し寄せた。そんな日に限って食材はコスレタスぐらいしかない。とっさにオーナーシェフのシーザー・カルディーニは料理ショーさながら、あり合わせの材料を使って客の目の前でサラダを作り上げた。そのサラダの評判は、またたく間に全米に広がったという。

参考:2007.12.01「朝日新聞」

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】山田優が産後も体型を維持している理由とは!?
世界初の自動販売機で売られていた飲み物とは?
牛角ビュッフェが都内にオープンしたぞ!焼肉雑学まとめ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP