ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有名ボカロP”ハチ”によるスタジオリハーサル公開生放送に密着インタビュー!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2月13日『ニコニコ生放送』にて『internet independent presents “ハチ”スタジオリハーサル公開生放送!!』が放送された。 これは3月6日、品川ステラボールにて開催される『INTERNET INDEPENDENT MUSIC LIVE FES』のリハーサルを公開生放送する番組。 放送の出演者にはハチさん、ルシュカさん、キャプテンミライさん、acane madderさん、ゆーまおさん、イガラシさんなどのライブ出演者陣に加え更にボカロPユニット”estlabo”から古川本舗さん、wowakaさん、とくPさんもゲスト出演するなど豪華なメンバーが集合した。

放送中に行われた曲は『結ンデ開イテ羅刹ト骸』、『ワンダーランドと羊の歌』、『マトリョシカ』、『パンダヒーロー』などなど、『ニコニコ動画』ユーザーであれば一度は耳にしたことがある曲ばかり。 リハーサルの内容はタイムシフトで見て頂くとして、今回はハチさんに放送の感想などをお聞きしてみた。

・ハチさんインタビュー
-普段からバンドを?
いや、あんまりやってないですね。高校の頃にちょっと、専門学校のころにちょこっとやっていました。

-ハチさんの曲はバンドっぽさがあると思うのですが。
そうですね。バンドっぽい曲を聴いてきたので、こういうのをやりたいなって思って。

-放送の感想を。
ずっと誰かが見ているわけじゃないですか、それで凄い気疲れが……(笑)。
(放送の来場者数が)累計で12万人とかあったじゃないですか、(しみじみと)凄い疲れました。

-コメントは読めましたか?  また気になったコメントはありましたか?
スタジオ内にノートパソコンがあって、ちょこちょこ見ていました。 (気になったコメントは?)気になったわけじゃないんですけど、僕が凄いミスった時に「www」ってあって、凄い恥ずかしかったですね。

-『INTERNET INDEPENDENT MUSIC LIVE FES』の意気込みを聞かせて下さい。
んー、2、3個段階をすっ飛ばして立つ舞台だと思うんですよ。 バンドをやっていた頃は100人、200人くらいのちっちゃいライブスタジオでしかやってなくて、ドが付くくらいの素人だったんですけど、やっぱりやるからには楽しいものにしたいっていうか。 うん、そうですね、あんまりこう……(長考の末)楽しい。 うん、楽しければいいかな? と。

-自分たちも楽しんで、お客さんに気持ちを共感したい?
そうですね。 こっちは物凄く楽しんでやると思うんで、それを感じ取ってくれたらと思います。

-唐突に趣味のお話も。 好きな作家はいますか?
村上春樹とかは好きですね。 凄いキザなところとか、なんだろうなぁ、言葉の使い方とか。 簡単な表現になりますけど。

-影響を受けていますか?
それは全然あると思います。 (音楽は)自分が見たものを反芻してできるものだと思っているんで。

-小説を書いてみたいとは思いませんか?
書きたいとは思うんですけど、あんまり文を構成する能力みたいなものに自信がなくって……、自分ではヘタクソだと思っていて。 もっと勉強が必要かな? と思っているところです。

-作曲や映像制作は楽しいですか?
音とか映像とかやっているのは楽しいんですね。 (音と映像、どっちが楽しい?)けっこう一緒のものだと思っているので、どっちかがあってどっちかがないっていうのはあんまり考えてないです。

-ライブ活動は続けますか?
どうですかね。 今のところは3月6日のことしか考えていないので、その先どうなるかは全然分かりません。

-南方(みなかた)研究所さんとの絡みをお聞かせ下さい。
いまけっこうボチボチなんかやろうかと話はしています。

-ユニットでやるのとソロでは違いますか?
やっぱり向こう(ユニット)でしかできないことがありますし、それとは別に僕単体でしかできないこともあると思うんで、そこはハッキリ区別しておきたいです。

-今回バンドでやるのは楽しい?
楽しいですね。 本当に久々のバンドだったし、(最初は)全然意思疎通も出来なかったんですけど、だんだん固まってきて、しっかりしてきた今は本当楽しいですね。 本当自分は意思疎通がヘタクソなんで。

-その場合、意思疎通はどうやって?  肉体言語ですか?
そんなハードな人間じゃないです(笑) ひたすら時間をかけるしかないです。

-参加されている皆さんとは近くなんでしょうか?
他の方は近いかもしれないですが、僕は大阪に住んでいるので(遠いです)。

-じゃあネットで疎通を?
意思疎通は会ってからというか、あんまりネットではしないです。 会った時にします。

-メールでのやりとりは好きじゃない?
好きじゃないです、結構来たメールを放置してしまって色んな人に怒られるんですけど。

-電話の方が楽じゃん! と?
電話も出ないんです、怒られてます。

-身長も高くて、声もかっこいいですよね。
188ですね。 もうちょっとで190いってしまうんで……まだ伸びているんですよ。 本当やめて欲しいんですけど……。
(声に関しても)いやぁ、あんま好きじゃないです。

-では、自分の好きなところは?
好きなところ……特にないですね。 嫌なところばっかり見て来た人間なんで。 極端に言えば、嫌なところを音楽にしている人間なので。

-ユーザーさん、ファンの方に一言お願いします
今現在僕はボカロPとしてやってきてますけど、これから先いろんなことをやっていこうと思うんで、気が向けばというか、そんな過度な期待はせずにダラッとみてくれたら、と。

「口下手」と言うハチさんだったが、インタビュー時こちらの散らかった質問を受け止め吟味する姿には「言葉を大事にしている人」という印象を受けた。 ここでもう一人、放送中なし崩し的に司会進行役となってしまった古川本舗さんを捕まえ、番組の感想をお聞きした。

・古川本舗さんインタビュー
-お疲れ様でした!おもしろかったです!
本当どうなることかと(笑)。 最初のトークはほぼ台本通りだったんですが、途中から台本なしの部分もあったりして、構成を考えたりとか大変でした。

-本日、番組の流れ上、進行役をされたりもしていましたが番組の感想をお願いします。
参加した感想としては嵐のように過ぎていったな……という感じでした。

画面をちょこちょこ見ていた感想としては(リハーサルは)普段見られるものじゃないじゃないですか。 僕もこんなちゃんとしたスタジオは初めてで。 ボカロをやっている人達ってDTM(の人)なので、実際人前に出て(放送・演奏を)やった場合、どうなんだろうって思ってる人も多いんだろうなって所から、こういう現場を見られるのは面白いんじゃないかと思います。

ただ、自分がやるのは恐ろしいなと(笑) 人がやっているのを見ているから楽しいんじゃないかな、と。司会のようなことをやることなんて当然初めてだったので、どう映っているんだろうと心配しましたが、コメントをのぞいてみた感じだと楽しんでもらえていたようなので、ほっとしました。

-ハチさんの魅力とは?
楽曲の良さだったり、クオリティの高さは良く言われていて、まさしくその通りだと思うんですが、それとは別軸で凄い運が、というか時代が向いている人だな、と思います。

多感な時期に音楽をやる環境が整っていて、努力と結果が19歳という若さで結実していて、さらに音楽を発表する『ニコニコ動画』や『YouTube』があって、それだけじゃなく人として世に出た時に同人の即売会とかライブとかが整備されている時代に生きてて……。

とにかく環境も時代も含めて全て味方にしているな、「もって」んなという感じですね。 もちろん彼自身の努力と実力あってのことなので、単純にこの勢いで転がっていってくれたらどうなるのか、悔しいという次元でなくてもう気持ち良い感じすらあって……一ファンとして期待したいなと思いますね。

-若干、お父さん目線ですね(笑)。
いやいやいや(笑) 年齢関係なく凄いなと思いますよやっぱり。

-今回の放送を振り返ってみて、どんな部分に注目して欲しいですか?
まずは生で動いているハチくんや他のメンバーを見て欲しいですが、やはりジェンガですね(笑)。元々は僕が買ってきたもので、放送中にも言いましたがマジで自腹なので、あそこは是非2800円の自腹に免じて楽しんで頂ければと思います(笑)。

-ありがとうございました!

リハーサルは夜を徹して行われ、休憩の合間にインタビューを行うなど精力的に動いていた出演者陣。 とてもエネルギッシュで見ているこちらもワクワクしてしまった。 繰り返しになってしまうが、リハーサル公開生放送、そして本番である『INTERNET INDEPENDENT MUSIC LIVE FES』に是非注目してみて欲しい。

『internet independent presents “ハチ”スタジオリハーサル公開生放送!!』


『INTERNET INDEPENDENT MUSIC LIVE FES』オフィシャルページ

ハチオフィシャルサイト

■関連記事
ヒャダインが! DECO*27が! TOKYO FM『シナプス』のニコニコ動画特集へ突撃取材!
激アツ! ニコニコ大会議ツアー大阪公演ライブレポート!
大熱狂! ニコニコ大会議ツアー高松公演ライブレポート!
『ニコニコ大会議2010秋』ライブパートフォト&動画レポート
『ニコニコ動画』がどこかで見たことのあるポータルサイト風にリニューアル

ひげおやじの記事一覧をみる ▶

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP