体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カタログから選ぶだけ! お手軽・楽しいカスタマイズ賃貸誕生

カタログから選ぶだけ! お手軽・楽しいカスタマイズ賃貸誕生

自分の手で家具を制作したり、部屋を改造する“DIY”(Do It Yourself)。その人気の高まりを受け、近年は「カスタマイズ賃貸」と呼ばれる物件も増えています。賃貸物件にはつきものの原状回復義務を設けず、壁の塗装や床張りといった改造を許容。自由な空間づくりができるとあって、人気を呼んでいます。とはいえ、「いざチャレンジ!」と思っても、DIY初心者にとってお部屋の改造はハードルが高いもの。興味はあっても、なかなか一歩を踏み出せない人も多いのではないでしょうか。
そんななか、DIYの敷居をぐっと下げるユニークな仕掛けのカスタマイズ賃貸「CLASKIT(クラスキット)」がこの春誕生しました。プランからセレクトするだけでオリジナリティあふれるカスタマイズ空間がつくれてしまうという、ウワサの物件を訪ねてみました。洋服を選ぶように組み合わせを自由に

CLASKITの第一弾となる物件があるのは、西武鉄道池袋線「桜台駅」から徒歩2分ほどの場所に建つ6階建てマンション。もともと、医療関連施設が入居する予定だったという1階から3階までのフロアを住宅に用途変更し、CLASKITとして今年4月に入居者募集をスタートしました。

その特徴は、「カスタマイズメニューから好みのキットを選んで組み合わせを考えるだけ」というシステム。カスタマイズキットとしてあらかじめ用意されているキットのメニューは、大きく分けて「壁」「床」「オプション」の3種類。パネル上の穴にフックをかけてバッグや帽子など色々掛けられるウォールキット、1488色から選べる壁用ペイント、杉やヒノキなどの床用無垢材、デザインのバリエーション豊富な輸入壁紙、アーティストによる壁面アート、ハンモックなどの小物類まで、住まいをいかようにもカスタマイズできるキットが充実しています。

入居者には入居時に「カスタマイズポイント」300ポイントが付与され、好きなカスタマイズキットと交換して部屋のカスタマイズを楽しむことができます。変更できるのは、原状回復義務のない壁面や床材などで、施工は業者に委託するのでラクチン。ちなみに、施工費用も全てポイントで賄えるそうです。

こうしたキットを組み合わせてどんな部屋をつくるか、考えるだけでもワクワクしそうです。なお、最初に与えられる300ポイントだけでかなりの改造が可能とのことですが、ポイント分の費用は全て大家さんが負担してくれているそう。お金の心配をせずにカスタマイズにチャレンジできるのもうれしいポイントです。カスタマイズして初めて気づいた部屋づくりへのこだわり

内覧から2カ月も立たないうちに満室になったという全5室。果たしてどんな仕上がりになっているのでしょうか? CLASKITの物件を借りているという、山口貴弘さんのお宅を訪ねてみました。

10年務めた商社を昨年4月に退社後、フリーランスとして独立したという山口さん。以前は、ワンルームマンションを借りて仕事をしていたそうですが、手狭に感じていたところCLASKITの募集を知り内覧へ。1LDKの広々したスペースとCLASKITのコンセプトを気に入り、即決で入居を決断したとか。

【画像1】左奥上には、両サイドのレールに棚受けをはめこめる「ガチャ」を、右手前には、全面にある穴にフックを通しモノを掛けることができる「ドット」を設置。これらのウォールキットはすべて、CLASKITをプロデュースしたツクルバがオリジナルで企画(写真撮影:末吉陽子)

【画像1】左奥上には、両サイドのレールに棚受けをはめこめる「ガチャ」を、右手前には、全面にある穴にフックを通しモノを掛けることができる「ドット」を設置。これらのウォールキットはすべて、CLASKITをプロデュースしたツクルバがオリジナルで企画(写真撮影:末吉陽子)

【画像2】3面ある壁のうち、ひとつは黒板塗料をペイント。思いっきりお絵かきするには十分過ぎるスペースなだけあって、山口さんの二人のお子さんからは大好評だそう。ちなみに、床は全室標準でスギの無垢材を使用。素足から伝わる質感と香りが心地いい(写真撮影:末吉陽子)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy