ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京都に「暮らす」感覚で泊まれる宿がオープン!伝統家屋と古都の風情を独り占め

DATE:
  • ガジェット通信を≫


日本屈指の古都である京都は旅をするだけでも価値あるものです。そしてひとたび好きになってしまえば、あなたも「住んでみたい」と思うのではないでしょうか。そしてこのほど、そんな思いが実体験できてしまう宿が誕生しました。

その名は「京都旅庵 然(ぜん)」。こちらは京都の伝統家屋である京町家を活用しており、なんと一軒家をまるごと貸し切ることができるから、まるで実際に住んでるような感覚になれるのです。

風情たっぷりの場所であることはもちろん、浴場は檜風呂。ここも独り占めできるんですよ〜。

京都市東山区の中でも閑静な住宅街の一角にできたこの宿は、桜の名所でもある平安神宮まで徒歩5分のほか、南禅寺や祇園などといった人気の名所からも近いので、ロケーションとしては抜群の立地です。

構造は2階建てで、1階は風通しの良い琉球畳仕立ての和室と先述の浴室がメインになっています。浴室は浴槽だけでなく壁一面にも檜を使用しているので、ほぼ完全な露天風呂です。ほかにも広々とした洗面所やキッチンがあり、玄関から土間を抜ければプロの造園家が手がけた一際風情たっぷりの庭が目の前に広がります。

和室の縁側から四季折々の表情を楽しむことができるのも最高のシチュエーションです。

2階に上がると6畳の和室とセミダブルベッド2台が配置されたベッドルーム。ここは大人数でも各部屋に分かれて宿泊可能。また、アンティークの家具が置かれたお洒落な一室もあり、お茶を飲んだり読書をしたりとゆったりロビー感覚で使えるようになっています。これだけの空間を我が家のように使えるわけですから、逃す手はありませんね!

ご紹介した「京都旅庵 然」は京都市中京区に拠を置く「京町家の宿」がプロデュースし、運営しています。同社は京町家の伝統継承を目的として1棟ずつ貸切の宿という形で有効活用して、京都ならではの景観の保全・地域活性化を目指しこれまで市内で17棟を展開中。この「然」はその中の新しい18棟目だそうです。

定員2名~10名程度で、料金は2名1室5万円程度(税別)となっています。そこから1名増すごとにプラス4500円となり、冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機、専用駐車場なども完備されています。京都の住人の視点で古都の魅力を味わう。そんな新鮮味溢れる体験がここでは思う存分楽しめます。今までとは違った発見が次々できそうですね。

京町家の宿・公式サイト

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

京都 洛西の観光でお寺や神社巡りをするならまずはここからでしょう!
京都府ってけっこう広いんだよ。京都府内で行きたいスポット5選
京都に来たなら『大林幸二ときょうの夜』を観て欲しい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP