ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S6 edge専用のSamsung純正ケース「Clearカバー(EF-QG925B)」を試す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy S6 edge 専用の Samsung 純正スマートフォンケース「Clear カバー(EF-QG925B シリーズ)」を入手したので、早速、このケースの使用感などを紹介したいと思います。Clear カバーは、透明なプラスチック素材で出来たハードケースで、Galaxy S6 edge の背面と側面を保護します。Galaxy S6 edge の両サイドがエッジスクリーンということもあり、Clear カバーはその部分を避けるように、四隅で固定するタイプとなっています。価格は 2,678 円で、今回はシルバーカラーを選択しましたが、ほかにも、ブラック、ゴールド、グリーンもあります。Clear カバーは比較的厚みのあるケースです。薄型タイプではありませんが、Galaxy S6 edge 本体の厚みが 6.9mm しかないので、装着してもぶっとくなったという印象は受けませんでした。逆に、個人的には、Galaxy S6 edge は薄すぎるので、Clear カバーを装着することでちょうど良い厚みになったと思っています。Clear カバーは四隅で固定するタイプなので、エッジスクリーンの操作性は損なわれませんが、ケースの安定性が気になるところ。そこはさすが純正品、四隅の先端にはツメのようなものがあるので、Galaxy S6 edge 本体にカチッとはまってくれます。装着している間にグラグラしたり、外れてしまうことはありませんでした。Clear カバーはクリアタイプなので、装着しても Galaxy S6 edge が透けて見えます。Galaxy S6 edge の背面にはガラスパネルが貼り付けられているのですが、手触りがサラサラタイプなので持つと滑る感じを受けていました。しかし、Clear カバーはしっとりとした手触りなので、装着することでグリップ感も改善されたような印象を受けました。


(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、新サービス「データシェア」を6月10日より正式提供
タカラトミー、「しゃべってコンシェル」の会話機能を備えたロボット玩具「OHaNAS」を10月1日に発売
Windows PhoneデザインのXperiaテーマ「Windows Theme for 5.x」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP