体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Jawboneがリストバンド型活動量計『UP2』を6月中旬に国内発売へ 前モデルから体積比45%に小型化

Jawboneがリストバンド型活動量計『UP2』を6月中旬に国内発売へ 前モデルから体積比45%に小型化

Bluetoothヘッドセットやスピーカーを開発・販売する米Jawbone社は、リストバンド型活動量計『UP』シリーズの新製品『UP2』の国内発売を発表。6月3日に記者説明会を開催しました。現行製品『UP24』の後継製品で、体積比45%の小型化を実現しているのが特徴です。

『UP』シリーズは、ブレスレットのように手首に装着して、日中は歩数や運動時間、睡眠時は眠りの深さや時間を計測・記録できる活動量計。本体からスマートフォンにBlutooth経由で転送したデータをiOS/Android用アプリ『UP by Jawbone』で表示・管理できます。

UP2

『UP2』は、エントリーモデルという位置づけの『UP MOVE』と、日本では今夏後半に発売となるハイエンド製品『UP3』の中間に位置づけられるモデル。価格も『UP MOVE』(税抜き5961円)と『UP3』(税抜き2万5000円)の中間となる1万4400円(税抜き)と発表されました。

UP2 UP2

『UP2』は『UP24』で利用できた機能にすべて対応。『UP24』はサイズを選んで購入する必要がありましたが、『UP2』は腕時計のバンドのように調整できるワンサイズになり、手首内側のバンド部分が薄型化。全体の体積比で45%の小型化を実現しています。

UP2 UP2

バンド全体がソリッドでゴツゴツしていた『UP24』と比べて、『UP2』は装着感も上々。

UP2

『UP24』ではボタンを長押しして睡眠時のスリープモードと平常時のアクティビティーモードを切り替える必要がありましたが、『UP2』ではボタンがなくなり、バンドのタップ操作に変更になりました。アクティビティーモードからスリープモードに切り替えるには、バンドを2回タップしてデバイスを起動、インジケーターがオレンジから青に切り替わるまで表面に軽く触れます。

UP2

スリープモードからアクティビティーモードに切り替えるには、バンドをタップしてデバイスを起動、インジケーターが青からオレンジに切り替わるまで表面に軽く触れます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。