ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冨嶽三十六景にNARUTOが見参! 浮世絵と漫画文化の融合にポプりみを感じる

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「NARUTO-ナルト-」 浮世絵コラボレーション木版画/画像はANIPLEX+より(c)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ※掲載のイラストは開発中のため、実際の商品とは異なります。
週刊少年ジャンプ』で連載されていた大人気漫画「NARUTO -ナルト-」と、江戸時代から続く日本の絵画である浮世絵がコラボレーションした木版画が、ECサイト・ANIPLEX+にて予約受付を開始した。

本作は熟練の職人によって1枚1枚手づくりされ、浮世絵師・葛飾北斎さんの浮世絵『冨嶽三十六景』の中でも代表的な「神奈川沖浪裏」をベースに、作中のキャラクターたちが時代を超えてコラボレーションしている。

伝統芸術とのコラボレーション

「NARUTO -ナルト-」は、1999年から2014年11月まで『週刊少年ジャンプ』で連載されていた漫画。35ヶ国以上の国や地域でコミックスが発売されており、世界での累計発行部数は2億部を突破するなど、海外からの人気も高い。

本作では、日本の伝統芸術である浮世絵とのコラボレーションが実現。主人公であるうずまきナルトや、親友でライバルのうちはサスケといった作中の人気キャラクターたちが、版画ならではの独特のタッチで調和した作品に仕上がっている。

また、越前和紙の中でも最高峰といわれる越前生漉奉書和紙を使用し、専用の額まで用意されるなど、細部にまでこだわった高級感のある仕様。数量限定生産の稀少な作品となる。

価格は1枚50,000円(税込)で、予約は7月27日(月)まで受付中。発送は10月末を予定している。

引用元

冨嶽三十六景にNARUTOが見参! 浮世絵と漫画文化の融合にポプりみを感じる

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP