ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Tab S2(SM-T715C)の外観と主要スペックが判明、厚みはわずか5.4mm

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy Tab S の後継と見られる 8 インチ QXGA 解像度の Super AMOLED ディスプレイを搭載した Samsung 製タブレット「SM-T715C」が中国で認証を取得し、外観や主要スペックが判明しました。SM-T71X シリーズは Galaxy Tab S2 の型番で、複数モデルが存在する中で今回の SM-T715C は GSM / WCDMA / TD-SCDMA / TD-LTE / FDD-LTE に対応したセルラーモデルになります。掲載された写真によると、筐体デザインは Galaxy Tab S からさほど変わっていませんが、スペック一覧によると、ディスプレイは 8 インチ 2,048 × 1,536 ピクセルの Super AMOLED に変わり、筐体の厚みはわずか 5.4mm。質量は 260g とスリムで軽量です。このほか、1.9GHz 駆動のオクタコアプロセッサ、3GB RAM、背面に 800 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、Android 5.0.2 を搭載しています。プロセッサ型番は不明なのですが、Exynos 7420 だと Galaxy S6 並みの性能を発揮すると考えられます。Source : Tenaa


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z3+ / Z4のXperiaテーマ「シーグリーン」と「パープル」が既存モデル向けに移植される
83.3%がスマートフォン購入時にバッテリーの持ちを意識、26.6%がモバイルバッテリーを持ち運ぶ(MMD調査)
GoogleフォトのPC用アップロードツールが公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP