ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

5.5インチのデュアルエッジスクリーンモデル「Galaxy S6 Plus」の噂が浮上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が Galaxy S6 edge の大画面モデル「Galaxy S6 Plus」を数週間中に発表するという噂が海外で伝えられています。Galaxy S6 Plus は、“Project Zeor 2” というコードネームを持つ開発途中の機種で、このうち一つのモデルは「SM-G928」の型番を持つとされています。噂によると、Galaxy S6 Plus のスペックは 5.4 ~ 5.5 インチのデュアルエッジスクリーン、Snapdragon 808 ヘクサコアプロセッサ、3GB RAM、32GB ROM、背面に 1,600 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラを搭載しているそうです。画面サイズが 5 インチ中盤になってくると、Galaxy Note シリーズとの棲み分けが難しくなってきますが、Galaxy S6 Plus に S ペンは付かないそうです。Source : SamMobile


(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS、海外で発売された「ZenFone 4 / 5 / 6」のAndroid 5.0アップデートを開始
AUN(あうん): WEBブラウザだけでWEBページや画像の “画面メモ” を作成・共有できるWEBサービス
Computex 2015 : BungBungame、Android M 搭載のハイスペックタブレット「KALOS 2」の発売計画を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP