ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

和菓子がアートに見えてくる! 休館前の特別企画「虎屋文庫のお菓子な展示77」開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

室町時代後期に京都で創業した老舗・虎屋に、和菓子文化の伝承と創造の一翼を担うことを目的として1973年に創設された「虎屋文庫」があるのをご存知でしょうか? 同年よりギャラリーにて、歴史やアートなどさまざまな切り口から和菓子の魅力を紹介しています。

ビルの建て替えに伴い、展示を3年お休みすることから、今年は初回から現在まで、開催された77の展示を振り返る大回顧展、休館前の特別企画「虎屋文庫のお菓子な展示77」を5月20日から開催しています。

本展では、過去に人気のあった展示を思い出の品々と振り返ります。そのひとつ、過去に5回も開催された「源氏物語と和菓子」展は、美しい和紙をつなぎ合わせた「料紙」と和菓子を組み合わせて、源氏物語の世界を表現しました。写真は料紙と『若紫』。数ある展示の中でも屈指の人気は、さすが光源氏! 和菓子を通して平安時代へ思いをはせるなんて、すてきですね。

料紙:片野孝志

‘06年の「和菓子アート」展は、五感の芸術とも言われる和菓子を題材に、和菓子をかたどった木製の玩具や、ミニチュア和菓子のほか、現代アーティスト・森村泰昌氏が制作した作品を展示しました。は、食べるだけに留まらない和菓子の可能性を提示してくれます。

他に、「歴史上の人物と和菓子」に注目した展示も、過去に何度も扱った人気のテーマ。今年は琳派400年記念祭が行われていますが、虎屋には絵師・尾形光琳が虎屋に和菓子を注文した記録が残っているのだとか! 今回は光琳のパトロンであった商人、中村内蔵助に贈った『色木の実』(本記事トップの写真)と『友千鳥』が展示されます。美の巨匠が、どんな和菓子を選んだのか、とっても気になります。

                         
04年に行われた「占い・厄除け・開運菓子」展の際に限定販売菓子として考案された『招福袋』『宝来袋』(各486円・税込・下の写真)も、今回の展示を記念して赤坂本店と銀座店で販売されています(販売は10:30~)。目で楽しんだ後は、舌で楽しんでみてください。

ちなみに、展示される和菓子は基本的に全て本物ですが、レプリカと見間違える人もいるそうです。和菓子が好きな人はもちろん、歴史やアートに興味のある人も、ぜひこの機会に足を運んでみては?

■虎屋文庫のお菓子な展示77
期間=6月16日(火)まで
時間=10:00~17:30
住所=東京都港区赤坂4-9-22 虎屋ギャラリー(とらや虎屋赤坂本店の虎屋ビル2階)
料金=入場無料

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP