ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大食いクイーン、ギャル曽根がまさかの・・・!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


6月1日、ギャル曽根が日本テレビ系列で毎週月曜日19時から放送されている番組「有吉ゼミ」に出演。最強チャレンジグルメに挑戦した。
過去、5.6㎏のジャンボラーメンや6人前の特盛から揚げ丼(共に完食すると賞金1万円)などを制覇してきたギャル曽根。1軒目は和楽(埼玉県)の「ジャンボトマトつけ麺」だ。麺は14人前あり、重さはなんと4.5㎏。そこにモヤシとトマトが入った特製つけ汁の1.5㎏を足し、総重量6kgだ。女性は25分以内に完食すると、賞金1万円がもらえる。前金5千円を渡してチャレンジスタート。「美味しい。濃厚だけどトマトがサッパリ。」と絶賛する。10分で6人前を食べ切り、順調にすすんでいくが減らない麺に「(店の)ご主人にイラっとしちゃう」と話すが、なんとかラストスパートをかけ、24分50秒で完食した。「今までで一番大変」と話したが、大変なのはここからだった。
6kgを完食した後に向かったのは、ホエーどん亭(品川)。ご飯2㎏に炭火焼き十勝野ポーク1㎏が乗った6人前の「メガ盛り十勝豚丼」だ。これを20分で完食すると、1万円分の食事券がもらえるが、成功者はまだいないという。「香ばしい炭の香り。タレが甘辛くて美味しい」とハイペースなで食べ進めるが、12分が経過するとペースが落ち出す。原因は「アゴが筋肉痛」だという。厚みのある1㎏の豚肉がギャル曽根を苦しめる。決して手は止めなかったが、制限時間内には食べきれずにチャレンジ失敗。
大食いグルメでまさかの初黒星となったが、「これは私が責任をもって食べて帰ります。」と食べ続け、32分46秒で完食。大食いクイーンのポリシーを貫いた。

【Nicheee!編集部のイチオシ】竹田恒泰に三股疑惑が浮上
板野友美「プロポーズは男性からしてほしい」
佐々木蔵之介が結婚できない理由発覚?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP